お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース

KHBニュース

期日前投票所に長蛇の列 台風接近予想で 仙台

2017年10月21日18時15分

ニュース画像

[画像をクリック]

衆議院議員選挙や知事選挙の投開票日があすに迫りました。台風21号で天候が悪くなるという見通しもあり、21日は期日前投票所が多くの人で混雑しました。仙台市青葉区のアエルに設けられた期日前投票所では、多くの人たちが受付を待っていました。女性「明日の台風がすごいらしいので、早めに来れるうちにこようかなと思いました」。家族連れの男性「あす天気が悪いんで急遽やっていこうって、家族で来ました」。この投票所では、通常13人態勢のところ、20人以上に職員を増やして対応しているとのことです。宮城県内では20日までに前回衆院選の同じ時期に比べ7万8000人多い約27万人が期日前投票を済ませました。一方、20日、仙台市の秋保総合支所の期日前投票所で、視覚障害を持った女性を職員が誤って違う選挙区の投票箱に誘導するミスがありました。太白区は今回から衆議院宮城1区と3区に分かれていました。区の選挙管理委員会はこの女性に謝罪するとしています。

直下型地震を想定 東北大学病院で防災訓練

2017年10月20日17時8分

ニュース画像

[画像をクリック]

東北大学病院で直下型地震を想定した防災訓練が行われました。訓練は長町ー利府断層を震源とする震度6強の地震が発生したという想定で行われました。医師や医学部の学生は、けがの程度で治療の優先順位を決めるトリアージを行い、多数のけが人を受け入れる場合の対応を学びました。また、今回は初めて警察も参加し、身元不明者の検視の訓練も行われました。東北大学病院の八重樫伸生病院長は「全く同じようなシナリオで災害が起こるとは限らないが、万一に備えてより良い態勢を整えていきたい」と話していました。

衆院選&知事選 台風接近で宮城の離島で繰上投票

2017年10月20日12時53分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城県石巻市の離島・網地島と田代島では台風の接近に伴い予定を前倒して衆議院議員選挙と宮城県知事選挙の投票が行われています。石巻市の網地島にある開発総合センターでは午前7時から投票が始まりました。石巻市の選挙管理委員会は台風21号の接近に伴い投票箱を運ぶ船が欠航する恐れがあるとして網地島と田代島の投票を20日に前倒しました。投票は午後4時までで、投票箱は20日に市役所に運ばれ、22日に開票されます。石巻市で投票が前倒して実施されたのは2005年の合併以降初めてです。投票した人は「離島だから、台風が接近しているので船が出なければしょうがない」と話していました。

導入1年 宮城県ドクターヘリを使った連携訓練

2017年10月20日12時51分

ニュース画像

[画像をクリック]

運航開始から1年を迎えた宮城県のドクターヘリとの連携を強化する訓練が仙台市青葉区の高校で行われました。訓練は青葉区の宮城広瀬高校で生徒の心肺が停止し倒れたという想定で行われました。訓練では応急処置や119番通報などの学校側の緊急対応や消防がドクターヘリに連絡を取り救急患者をヘリに収容するまでの手順などを確認しました。仙台市宮城消防署の石田清作司令長は「少しでも早く医師の管理下に置いて、救命の向上、助けるべき人をしっかり助けていきたい」と話していました。宮城広瀬高校は周辺で救急事案が発生した場合に救急車からドクターヘリへ患者を引き継ぐランデブーポイントに指定されています。高校は、生徒たちに救急の基礎知識などを教えたいと話しています。

商店街のプロに学べ!仙台「長町まちかど教室」

2017年10月19日21時4分

ニュース画像

[画像をクリック]

商店街の活性化を図る取り組みです。お店の店主がプロの技を教える「教室」が開かれています。仙台市太白区の長町商店街が2年前から取り組んでいるのが「長町まちかど教室」。お店の店主が講師となり、プロならではの技や「豆知識」などを紹介します。住民に親しみを感じてもらい、足を運んでもらおうとする取り組みは今回で4回目で、30店舗が特色を生かしたたさまざまな講座を開いています。チーズケーキの専門店で開かれた教室には8人が参加。ケーキを試食しながら店のコンセプトや、商品へのこだわりを店主から聞きました。参加した客「作り手側の色々な思いが食べている間に伝わってくるので(参加して)良かったと思いました」佐藤博紀店長「少しでも知ってもらえる。それをみんなでやれるなら商店街が良くなっていくんじゃないかな思い参加しました」こちらは創業40年以上のブティックです。「今日は皆さんに似合う服を選んでめんこくなってもらいたい」このお店で行われたのは洋服のコーディネートレッスン。店主が参加者一人ひとりにおしゃれを楽しむためのアドバイスをしました。「いいでしょ?」「こんな格好したことない」参加者「やはりこういう小さなお店で気軽に買えるっていうのは楽しい」「長町まちかど教室」は来月4日までで、ほぼ毎日、商店街でなんらかの教室が開かれています。教室では他にもてんぷら屋のご主人が伝授するてんぷらの揚げ方講座などが予定されています。

“追い越し”原因?宮城・登米市 のみで刺して逮捕

2017年10月19日20時54分

ニュース画像

去年9月、宮城県大崎市の市道で男性の右腕をのみで刺して大けがをさせたとして、登米市の男が逮捕されました。追い越しをめぐるトラブルが犯行につながった可能性があります。傷害の疑いで逮捕されたのは登米市米山町の農業千葉輝彦容疑者(46)です。警察によりますと。千葉容疑者は、去年9月、大崎市田尻の市道で車を運転し、51歳の男性が運転する車を追い越して停車させ、男性の右腕をのみで刺して大けがをさせて逃げた疑いがもたれています。千葉容疑者は容疑を認めています。事件の直前、千葉容疑者は男性の車に追い越されていて、警察は、こうした追い越しをめぐるトラブルが犯行につながった可能性があると見ています。千葉容疑者は今年6月、登米市で追い越しを巡るトラブルで男性(34)を殴ったとして逮捕されています。周辺では、このほかにも追い越しをめぐるトラブルが数件発生していて、警察は千葉容疑者が関係していないか調べています。全国で問題となっているこうした追い越しなどを含む「あおり運転」は、去年、宮城県内で332件摘発されました。こうした運転をするドライバーは攻撃的になっていたりして危険なので、警察は、あおり運転などにあったときは安全な場所に車を停め、ドアを開けずに警察に通報するよう呼びかけています。

宮城・閖上で最後の集合型災害公営住宅 着工 

2017年10月19日12時39分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城県名取市閖上地区で集合型では最後となる災害公営住宅の建設が始まりました。19日は山田司郎名取市長らが出席し、安全祈願祭が行われました。建設されるのは6階建ての集合住宅2棟105戸です。来年11月に完成する予定で、閖上地区では集合型としては最後の災害公営住宅となります。山田司郎名取市長「いまだに500世帯を超える方が仮設住宅等で過ごしているので、とにかく1日も早くという気持ちでいます」名取市では災害公営住宅を660戸整備する計画で、今回の集合型2棟のほか戸建て型21戸の建設が来年12月に完了し、すべての整備が終わる予定です。

追い越しトラブルか 宮城・大崎市で傷害の男逮捕

2017年10月19日12時38分

ニュース画像

[画像をクリック]

去年9月、宮城県大崎市の市道で男性の右腕をのみで刺して逃げたとして、登米市の男が逮捕されました。逮捕されたのは登米市米山町の農業千葉輝彦容疑者(46)です。警察によりますと、千葉容疑者は去年9月、大崎市田尻の市道で車を運転し、51歳の男性が運転する車を追い越して停車させ男性の右腕をのみで刺して逃げた疑いがもたれています。千葉容疑者は容疑を認めています。事件の直前、千葉容疑者は男性の車に追い越されていて、警察は追い越しをめぐるトラブルが犯行につながった可能性があると見ています。千葉容疑者は今年6月、登米市でも追い越しを巡るトラブルで男性(34)を殴って逮捕されていて、今回の事件への関与を認め逮捕されました。

開業医の住宅狙い窃盗 宮城で男2人逮捕

2017年10月18日19時3分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城県利府町の開業医の住宅に侵入し、現金や貴金属合わせて約670万円相当を盗んだとして男2人が逮捕されました。警察は開業医の住宅を狙い、10件ほど盗みを繰り返したとみて調べています。住居侵入と窃盗の疑いで逮捕されたのは、住居不定・無職の奥森利男容疑者(72)と遠藤孝和容疑者(45)です。警察によりますと、2人は、今年4月、利府町の開業医の住宅に窓ガラスを割って侵入し、現金約170万円と指輪などの貴金属17点、約500万円相当を盗んだ疑いが持たれています。奥森容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認。遠藤容疑者は「間違いありません」と容疑を認め、「他にもやっている」と供述しているということです。警察は2人が開業医の住宅を狙い、10件ほど盗みを繰り返したとみて調べています。

ごみ減量へ 仙台市長が集積所視察 分別呼びかけ

2017年10月17日13時30分

ニュース画像

[画像をクリック]

ごみの減量化に取り組む仙台市で、郡和子市長が市内のごみ集積所を視察し、ごみの減量と分別の徹底を呼びかけました。郡市長は17日朝、仙台市内のごみ集積所を視察し、家庭ごみの中に資源ごみが混じっていないか、確認しました。郡市長「これダメ」。職員「ペットボトルですね」。郡市長「もう少し分別を徹底してもらえるように取り組まなくちゃいけないなというのを実感したところです」。仙台市には震災以降、転入者が増加していることなどから、家庭ごみに混入するプラスチックや雑紙などの資源の割合が多くなっています。仙台市は去年からごみの減量・分別を呼びかける「ワケアップ仙台」を行っていて、いったん家庭ごみの排出量が減ったものの、夏以降、再び増加傾向にあることから改めて減量化や分別を呼びかけています。