お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース

KHBニュース

東北新幹線トラブル「鳥衝突しショート」が原因

2018年6月18日19時19分

ニュース画像

[画像をクリック]

17日停電などの影響でおよそ6時間にわたって運転を見合わせた東北新幹線は18日も始発からダイヤが乱れました。停電の原因は鳥がパンタグラフに衝突しショートしたためということです。17日午後2時ごろ、仙台と古川の間を走行中の東北新幹線で停電が起きたため非常ブレーキが作動し緊急停車しました。停電はすぐに復旧しましたが非常ブレーキが解除できず立ち往生しました。この影響で東北新幹線や秋田新幹線などは上下線全線でおよそ6時間にわたって運転を見合わせおよそ15万人に影響が出ました。東北新幹線は車両のやりくりがつかなかったため、昼ごろまでダイヤが乱れました。利用客の女性は「とにかく早く帰りたいから新しい券買おうと思ったんだけども、盛岡に戻る時刻がまだ1時間くらい電車がないんですよ」と話していました。JR東日本によりますと、停電の原因はパンタグラフに体長30センチほどの鳥が衝突し、ショートしたためということです。鉄道システムに詳しい工学院大学の高木亮教授はぶつかった鳥がパンタグラフに流れる高電圧の電流を列車の屋根に流したことで電気システムを故障させたと推測します。工学院大学工学部電気鉄道システムの高木亮教授は「最初に鳥がぶつかって地絡電流が車体のどっかの流れてはいけない所に流れたりした時に何らかの装置を壊してしまったことが考えられます。そうするとブレーキが緩まなくなるとブレーキが緩んでない車を動かすということはかなり難しいはずなので立ち往生することになった」と話していました。

ブロック塀倒壊で女児死亡 宮城県知事「調査を」

2018年6月18日19時5分

ニュース画像

倒壊したブロック塀の下敷きになり、9歳の女子児童が死亡しました。村井知事は学校施設や通学路などのブロック塀について確認する必要があるとの見解を示しました。大阪府高槻市では小学校のプール脇のブロック塀が倒れ、通学途中の9歳の女子児童が下敷きとなり死亡しました。1978年の宮城県沖地震ではブロック塀の下敷きとなり9人が死亡していて、その後建築基準法が改正されブロック塀の中に鉄筋を入れることが義務づけられています。定例会見で村井知事は、「鉄筋が入っているか再確認する必要がある」との見解を示しました。村井知事は「当然古いブロック塀がございまして、鉄筋の入っているかどうか確認できていないものもあると思いますので、そういったものの確認を改めてする必要があると思う」と話しました。県では、学校施設や通学路にある古いブロック塀について市町村と連携し鉄筋が入っているか確認したいとしています。

大阪で震度6弱 宮城県は職員派遣の準備 

2018年6月18日18時56分

ニュース画像

大阪北部で起きた震度6弱の地震を受けて、県は職員などの派遣要請に備え情報収集に当たっています。18日午前8時ごろ、大阪府北部を震源としたマグニチュード6.1の地震があり、最大震度6弱を観測しました。この地震で大阪府内では3人が死亡しました。仙台空港では午後5時までに日本航空の仙台と大阪を結ぶ4便が欠航しています。大阪から仙台空港に到着した人たちは「大阪の空港で3時間くらい待ちました。それでもちゃんと帰ってこれたのでよかった」「大阪市内は電車は全部止まっていたので、2時間歩いてきました」などと話していました。県庁の危機対策課では、職員の派遣要請に備え、被害状況の確認や情報収集に当たっています。これまでのところ応援の要請はきていないということです。宮城県・危機対策課の伊藤哲也総括担当は「日ごろから広域応援の要請があったときに円滑に対応できるようにマニュアルを作成したり、本部会議を速やかに立ち上げる準備はしている」と話していました。また、石巻市や気仙沼市など、県内沿岸部の3の自治体には震災の応援で大阪市などから21人の職員が派遣されてきています。大阪市から石巻市に派遣されている松井一生さんです。息子が大阪府吹田市に住んでいます。松井さんは「息子が大阪の北部ですが、吹田市に住んでいますので、そちらの方が心配にはなりましたが、家族にメールを入れて、そこから無事だと返事がきましたので、安心はしています。阪神淡路大震災のときもかなり揺れたので、それに近い揺れだと思いましたので、怪我がないか、家族等の心配はしました」と話していました。松井さんは大阪府吹田市に住んでいる息子と兵庫県に住んでいる家族全員と連絡が取れたということです。また、石巻市へ大阪市から派遣されていた男性職員1人が自宅の様子を確認するために戻ったということです。また石巻赤十字病院では災害派遣医療チーム=DMATに待機指示を出していて、要請があれば出動できるように準備しているということです。東松島市では先ほど午後5時に応援職員の派遣を受けている枚方市などへの支援に向け職員が出発した。

東北新幹線 鳥がパンタグラフ付近に衝突ショートか

2018年6月18日12時34分

ニュース画像

[画像をクリック]

17日、停電などの影響で約6時間にわたって運転を見合わせた東北新幹線は18日も始発からダイヤが乱れています。停電の原因は鳥がパンタグラフ付近に衝突しショートしたためとみられています。JR東日本によりますと、17日午後2時ごろ、仙台と古川の間を走行中の東北新幹線が停電が起きたため非常ブレーキが作動し、緊急停車しました。停電はすぐに復旧しましたが、非常ブレーキが解除できず立ち往生しました。この影響で東北新幹線や秋田新幹線などは上下線全線で約6時間にわたって運転を見合わせ、約15万人に影響が出ました。停電の原因は鳥がパンタグラフの下にある絶縁体に衝突しショートしたためとみられています。東北新幹線は18日も始発から遅れが出ています。利用客「とにかく早く帰りたいから新しい券を買おうと思ったけど、盛岡に戻る列車が1時間くらいない」ダイヤの乱れは昼ごろには戻る見通しです。

大阪で震度6弱 仙台発大阪行きなど2便欠航

2018年6月18日12時32分

ニュース画像

大阪北部で起きた震度6弱の地震の影響で、大阪行きなどの飛行機2便が欠航となっています。午前8時ごろ、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の地震があり、最大震度6弱を観測しました。この地震の影響で仙台空港では午前11時15分仙台発大阪行きと午前11時45分大阪発仙台行きの日本航空2便が欠航しています。また、複数の便で遅れが出ています。石巻赤十字病院では災害派遣医療チーム=DMATに待機指示を出していて、要請があれば出動できるように準備しているということです。

【宮城】自衛官が妻に暴行 現行犯逮捕

2018年6月17日19時38分

ニュース画像

[画像をクリック]

16日夜、自宅で妻に暴力をふるい、けがをさせたとして宮城県の陸上自衛隊大和駐屯地の自衛官の男が逮捕されました。傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは陸上自衛隊大和駐屯地の第6戦車大隊一等陸曹・竹荒一智容疑者(53)です。警察によりますと、竹荒容疑者は16日午後6時ごろ、宮城県富谷市太子堂の自宅で妻(50)の頭を複数回たたきコップを投げつけるなどして頭や腕にけがをさせた疑いがもたれています。調べに対し、竹荒容疑者は「妻が言うことを聞かず口論になったカッとなってやりすぎた」と話し容疑を認めているということです。第6戦車大隊の本吉幸則・大隊長は「自衛官として誠に残念指導・教育を徹底し再発防止に努めたい」と話しています。

【宮城】楽天イーグルスの梨田昌孝監督が辞任

2018年6月16日20時18分

楽天イーグルスの梨田昌孝監督が球団に辞任を申し入れ了承されました。就任3年目の今シーズン、チームは開幕から低迷。63試合を終え21勝41敗1分。16日の阪神戦に敗れ、借金は今シーズン最多の20となっていました。後任は平石洋介1軍ヘッド兼打撃コーチで、17日の阪神戦から監督代行を務めます。

仙台市青葉区でイベント「日本酒と西公園」

2018年6月16日18時15分

ニュース画像

[画像をクリック]

仙台市青葉区の西公園で、日本酒を楽しむイベントが開催されています。16日から仙台市青葉区の西公園で始まったイベント「日本酒と西公園」。東北地方を中心に全国から約30の蔵元が参加しています。去年に引き続き2度目の開催となったこのイベントでは、おちょこで一杯ずつ日本酒を飲み比べる「利き酒」をしながら、日本酒に合う酒の肴を楽しむことができます。訪れた人「いろんなお酒を楽しめていろんな味を楽しめていいんじゃないかと思う」。

宮城県登米市 高齢者がトラックにはねられ死亡

2018年6月16日18時13分

ニュース画像

[画像をクリック]

16日午前、宮城県登米市で道路を横断中の高齢者がトラックにはねられ、死亡する事故がありました。警察によりますと16日午前9時52分ごろ、宮城県登米市登米町寺池の交差点で横断歩道を横断していた及川つるよさん(81)が、交差点を右折してきたトラックにはねられました。及川さんは頭などを強く打ち、約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。警察はトラックを運転していた宮城県石巻市北上町女川の会社員武山伸幸容疑者(55)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。武山容疑者が「確認不足で横断歩道を渡っている及川さんをひいてしまった」と話していることから、警察は武山容疑者が前方の安全確認を怠ったとみて、事故の原因を詳しく調べています。

東北大が発見!閉経後の女性メタボ予防に期待の物質

2018年6月15日19時32分

ニュース画像

[画像をクリック]

東北大学などの研究チームが閉経後の女性の肥満や高血糖などメタボ予防に効果が期待できる物質を発見しました。東北大学と東京医科歯科大学の研究チームはブドウの種に含まれるポリフェノールの一種で、プロアントシアニジンという物質に腸内環境の悪化を抑制する効果があることがわかったと発表しました。女性は閉経するとホルモンバランスが崩れ腸内環境が悪化します。その結果、太りやすくなったり血糖値が上がりやすくなったりする傾向にあります。研究では卵巣を摘出したマウスにこの物質を与えたところ、体重の増加が抑制されたため腸内環境の悪化が抑えられたと分析しています。研究チームはこの物質が閉経後の女性にも効果があるとみていてメタボ予防に期待できるとしています。研究チームは今後、この物質が年齢や男女を問わず効果があるか研究を進めたいとしています。