お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース

KHBニュース

仙台市議選 午後5時現在の推定投票率21.37%

2019年8月25日19時31分

ニュース画像

[画像をクリック]

任期満了に伴う仙台市議会議員選挙の投票が行われていて、午後5時現在の推定投票率は前回を上回る21.37%となっています。仙台市議会議員選挙の投票は、午前7時から市内172ヵ所の投票所で行われています。午後5時現在の推定投票率は21.37%で、過去最低だった4年前の2015年の選挙を0.59ポイント上回っています。一方、期日前投票では24日までに8万4523人が投票を済ませていて前回の1.17倍でした。選挙戦は、5つの選挙区あわせて55の定数に前回より3人多い69人が立候補していて、震災復興後のまちづくりなどが争点になりました。投票は一部の投票所を除いて午後8時まで行われ、午後9時40分から即日開票されます。大勢の判明は26日午前1時ごろになる見通しです。

宮城・塩釜市長選告示 現職と新人 計3人が立候補

2019年8月25日19時27分

ニュース画像

[画像をクリック]

任期満了に伴う塩釜市長選挙が25日告示され、現職と新人2人の合わせて3人が立候補しました。塩釜市長選挙に立候補したのは届け出順に現職で5回目の当選を目指す佐藤昭さん(77)、前の県議会議長で新人の佐藤光樹さん(51)、共産党塩釜地区委員長で新人の阿部進さん(49)のあわせて3人です。今回の選挙では東日本大震災からの復興の総仕上げや、基幹産業である水産業の振興、少子高齢化が進む中での子育て支援などが主な争点となっています。塩釜市の有権者は24日時点で4万6623人です。投票は来月1日に行われ即日開票されます。

東京オリパラ「ホストタウン」紹介

2019年8月24日17時44分

ニュース画像

[画像をクリック]

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げようと出場国の「ホストタウン」を紹介するイベントが宮城県利府町で開かれています。24日開かれたオープニングセレモニーには鈴木オリンピック・パラリンピック担当大臣や村井知事のほか、ホストタウンを務める各自治体の市長や町長らが出席しました。セレモニーにはトリノオリンピック金メダリストの荒川静香さんも登場し、期待を語りました。荒川静香さん「私自身も宮城の素晴らしいところ、立ち上がってくる強さであったり人の温かさということを、たくさんの世界の方に感じていただくことというのをすごく願っております」ホストタウンは市町村が特定の国の選手を事前合宿に招いたり大会で応援したりするもので、宮城県内では13の市と町が登録しています。会場では各自治体の取り組みや相手国の歴史や文化が紹介されています。鈴木五輪担当相「ぜひこれを機会に感謝の気持ちをこめて復興がここまで進んだという姿をですね、世界に発信してもらいたいと思います」イベントは25日もイオンモール利府で開かれています。

タクシーにはねられ男性重体

2019年8月24日17時39分

ニュース画像

[画像をクリック]

24日未明、仙台市青葉区で男性がタクシーにはねられ意識不明の重体となっています。24日午前3時35分ごろ青葉区霊屋下の市道で道路を歩いていた太白区向山2丁目の会社員小山内幸夫さん(55)がタクシーにはねられました。小山内さんは病院に運ばれましたが、頭などを強く打っていて意識不明の重体です。警察は仙台市太白区西中田7丁目のタクシー運転手菊田博樹容疑者(53)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。菊田容疑者は警察の調べに対し、「路上にいた人をはねたことは間違いない」と容疑を認めているということです。タクシーは当時、営業運転中でしたが、乗客はいませんでした。

自転車は押して歩いて 指定区間で呼び掛け

2019年8月23日18時52分

ニュース画像

[画像をクリック]

仙台市内では、自転車の利用者に降りて歩こうと呼びかけるキャンペーンが行われました。仙台市の「自転車の安全利用に関する条例」に基づき、青葉区の電力ビル前の歩道65メートルが市内で初めて自転車を降りて通行する「押し歩き推進区間」に指定されました。23日は仙台市の郡市長や警察関係者など約30人が「押し歩き」を通行人らに呼びかけました。「押し歩き」をしなくても罰則はありませんが、電力ビル前にはバス停があり、通勤時間帯に歩行者と自転車が行き交い危険なため、仙台市では「押し歩き」を広げたい考えです。

特殊詐欺被害額は去年より減少するも新たな手口急増

2019年8月23日18時43分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城県内で7月末までに発生した特殊詐欺の被害額は、去年の同じ時期よりも3000万円以上減りました。一方で、新たな手口による被害が増えているということです。県警によりますと、今年に入ってから先月末までに県内で発生した特殊詐欺は138件で、被害額は1億7144万円です。去年の同じ時期と比べて20件少なく、被害額も約3200万円減少しました。県警では金融機関の対策強化が要因と分析していますが、担当者は今後も警戒は必要と呼びかけています。宮城県警生活安全企画課の山崎耕平課長補佐は「銀行で対策を強化しているので、現金を引き下ろしにくい状況が出来上がってきている。犯人側は手っ取り早くキャッシュカードを奪い取ろうという手口に変わってきています」と話しています。県内では「手交型」と呼ばれるキャッシュカードを騙し取る詐欺が急増していて、去年は7月までに9件でしたが、今年は7月末までに42件発生し、被害額は4266万円に上ります。手口は警察官などを名乗る人物が電話で「あなたが特殊詐欺の被害者になっている」などと言ってキャッシュカードの暗証番号を確認し、その後訪れた別の男がカードを騙し取るという手口です。県警ではこのような詐欺の対策として、通話内容を自動録音する装置が有効としています。録音していることを相手に知らせる装置もあり、知らせることで犯行を諦める詐欺グループが多いということです。県警では1人暮らしの高齢者などに、このような電話の利用を勧めています。

多くの小学校で授業再開したものの… 熊に注意を

2019年8月23日18時35分

ニュース画像

[画像をクリック]

仙台市内のほとんどの小学校では夏休みが終わり、23日から授業が再開しました。熊の目撃が相次いでいる泉区の小学校では児童に1人で出歩かないよう注意を呼びかけたということです。23日から授業を再開した泉区の加茂小学校では、教員らが通学路に立ち警戒したほか、多くの児童が保護者に付き添われて登校してきました。泉区の加茂地区や虹の丘地区、それに上谷刈地区では、8月に入ってから10件の熊の目撃情報が寄せられています。加茂小学校は授業を再開するにあたり「保護者にできる範囲で登校に付き添ってほしい」と要請していました。保護者からは「子どもがいるのですごく怖い」などの声が聞かれました。加茂小学校では全児童に下校後や週末は1人で出歩かないよう呼びかけたほか、熊に遭遇した際の対処法をまとめたプリントを配りました。また近くの虹の丘小学校でも、教員が登下校時に児童を見守ったほか地域の防犯ボランティアに通学路の巡回時間や範囲を広げてもらうよう要請したということです。この2つの小学校では週明け以降も同様の対応を取ることにしています。

走行中の新幹線ドア開く 安全システムの改修を検討

2019年8月23日18時17分

ニュース画像

[画像をクリック]

東北新幹線がドアを開けたまま走行した問題を受け、JR東日本は再発防止策としてトラブルのあった車両の安全システムの改修を検討していると明らかにしました。21日午前10時17分ごろ、東北新幹線の「はやぶさ46号」が宮城県内の仙台駅と白石蔵王駅との間を約280キロで走行中、ドアの1カ所が開くトラブルが発生し、柴田町内のトンネルで緊急停止しました。JR東日本によりますと、最新車両のE7系では、ドアを手動で動かせる状態にする「ドアコック」のふたがあいていると運転台に警告表示が出ますが、今回トラブルを起こしたE5系にはそうした機能がありません。このため今回、仙台駅を出発する際に「ドアコック」が開いたままだったことに運転士が気づくことができなかったことから、再発防止策としてシステム改修を検討しているということです。また、ドアコックを開けたままにした60代の女性清掃員は「次の作業に気を取られコックを無意識に開けてしまった」と説明しているということです。JR東日本では改めて教育を徹底するとしています。

仙台市の小学校授業再開 クマの影響で保護者送迎も

2019年8月23日13時3分

ニュース画像

[画像をクリック]

仙台市内のほとんどの小学校で23日から授業が再開しました。周辺で熊の目撃が相次いでいる泉区の小学校では保護者に付き添われて登校する児童の姿が見られました。23日から授業を再開した泉区の加茂小学校では教員らが通学路に立ち警戒したほか、多くの児童が保護者に付き添われて登校してきました。泉区の加茂や虹の丘、上谷刈では今月に入ってから10件の熊の目撃情報が寄せられていて、加茂小学校は授業を再開するにあたり保護者にできる範囲で登校に付き添ってほしいと要請していました。保護者は「子どもがいるのですごく怖いなと思いました」「帰りも引渡しですかね」加茂小学校では下校時も保護者への引渡しや集団下校を行う予定です。

亘理町で住宅1棟全焼 焼け跡から1人の遺体発見

2019年8月23日13時1分

ニュース画像

[画像をクリック]

22日、亘理町で住宅1棟が全焼する火事があり焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察などによりますと22日午後6時ごろ亘理町吉田の山川としみさん(91)の住宅から火が出ているのを近所の住民が見つけ119番通報しました。火はおよそ6時間半後に消し止められましたが鉄筋平屋建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡からは1人の遺体が見つかりました。また、近所から駆けつけた山川さんの長男が頭に軽いやけどをしました。山川さんは三男と二人暮らしで、出火当時三男は外出中でした。現在も山川さんと連絡が取れないことから、警察は遺体は山川さんとみて身元の確認と出火原因を調べています。