お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース

KHBニュース

大郷町 住民は後片付け 災害ごみ仮置き場設置

2019年10月16日19時13分

ニュース画像

[画像をクリック]

台風19号で吉田川の堤防が決壊し広い範囲が浸水した大郷町の粕川地区では16日も住民らが後片付けに追われました。大郷町の粕川地区では台風19号で吉田川が増水して堤防が決壊し、住宅が浸水する被害を受けました。現地では水が引いた後の片付けが16日も続いて、こちらの住宅では家族に加え親戚が駆けつけ、壊れた家電を車に積み込んでいました。一方、こちらは大郷町の大松沢社会教育センターに設けられた災害ごみの仮置き場です。町では15日から災害ごみの受け入れを始めました。町では、災害ごみを持ち込む場合は分別の協力を求めています。仮置き場の受け入れ時間は午前9時から午後4時までです。

大郷町 避難生活長期化を見据え新たな避難所設置

2019年10月16日19時8分

ニュース画像

[画像をクリック]

大郷町では被災した人たちの避難生活が長期化するのを見据え、新たな避難所が開設されました。避難所が新たに開設されたのは、町の中心部にある複合施設「フラップ大郷21」です。町内にはこれまで2つの避難所がありましたが、中心部から離れているうえに被災者の避難生活が1カ月ほどになることを見据え、交通が便利で周りに商業施設があるこの施設に集約しました。避難所の中には町で備蓄した水や食べ物のほか、携帯電話の充電器や固定電話も設けられています。ここには93人が身を寄せていて16日は町の職員が避難している人の血圧を測るなどして健康の面の確認をしていました。避難者は「不安はあるけど仕方ない。今までテレビ見て大変だと他人事みたいに言っていたけど、わが身になると本当に大変です」と話していました。また町では避難者の要望を聞いた上で仮設住宅を整備するか検討したいとしています。

丸森町の耕野地区 孤立一部解消 被害は甚大

2019年10月16日19時3分

ニュース画像

[画像をクリック]

丸森町の耕野地区についてです。道路の復旧が進み地区の一部については孤立が解消しました。しかし、被害は甚大です。町によりますと丸森町の耕野地区は、道路が寸断され、一部の集落で孤立が続いています。こちらは耕野地区で地元の農産物やガソリンなどを販売している商店です。店舗は地面よりも2メートルほど高いところにありますが店の中まで水が入り、商品すべてが泥水をかぶりました。そして駐車場に設置されていた倉庫は店の隣の川に流されました。商店を経営する八島さんは「駐車場が冠水したのが午後10時。駐車場が見えなくなったのが11時45分。1時間半でこの店の中に入ってきた。あっという間の増水でしたね」と話していました。八島さんは、駆けつけた知人と一緒に店舗内の掃除に追われていました。八島さんは地元住民のためにも1日も早く再開したいと話していました。

市内が冠水 角田市で「り災証明書」受け付け開始

2019年10月16日11時28分

ニュース画像

[画像をクリック]

台風19号で市内が冠水した宮城県角田市では、住宅が被災した人が支援を受ける際に必要な「り災証明書」の申請受け付けが16日から始まりました。角田市のり災証明書の申請受け付けは、市役所の東庁舎で16日午前9時から始まりました。り災証明書は災害で住宅が被害を受けた場合に、税金の減免や損害保険の給付金などを申請する際に必要となります。訪れた住民たちは住宅の被害が確認できる写真を提示しながら被災の状況を市の担当者に説明していました。申請した住民は「自宅は2階にしか住めない、電気も来てない」「1日でも早く普通に暮らせれば」などと話していました。り災証明書の申請は丸森町でも16日から受け付けています。

村井知事 丸森町の被災状況を現地視察

2019年10月16日11時25分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城県の村井知事は台風19号による大雨で甚大な被害を受けた県南部の丸森町を訪れ、被災状況を確認しました。村井知事は16日午前8時ごろ、ヘリコプターで丸森町に入りました。そして阿武隈川の支流である新川を訪れ、県の職員の説明を受けながら堤防の決壊箇所などを視察しました。また町役場で保科町長と面会し、孤立状態が続いている山間部へ行く道路の復旧支援を約束しました。村井知事は「まずは被災者の皆さんが通常の生活に戻れるように、そして通常の生活をしながら復旧作業にあたれるようにしたい」と話しました。また丸森町では、16日から仮設のごみ置き場が設けられるなど、復旧作業が本格化しています。

水が引き丸森町役場は…浸水した病院は患者移送

2019年10月15日19時13分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城県丸森町では、これまで町の中心部が浸水していましたが、15日までに水が引き、ようやく復旧作業が始まりました。丸森町の中心部は広い範囲で浸水し、役場も12日の夜から孤立した状態になっていました。15日は早速、町役場を訪れる住民の姿があり、職員に対し水道と電気の一日も早い復旧を要望していました。住民「家に帰っても大変。畳の上はヘドロだらけ」保科郷雄町長「安心して生活できる環境作りをしていきたいと思っている。原発事故への対応よりも大変だった」そして、役場周辺にある多くの住宅では、泥をかき出したり片付けをする住民の姿が見られ、ようやく復旧作業が始まりました。町役場の近くでカフェを営む西岡恵豊さんです。西岡さんは店舗内の片付け作業に追われました。Cafeペルシッカ・西岡恵豊さん「家のことがメンテナンスしたり修理とか張り替えとかになるのが、やっぱりダメージが一番でかいんじゃないですかね。ちょっと頭痛いですね」町の病院では、入院患者を別の病院に搬送する作業が行われました。患者「きのうから(水が)無くなっていて安心した。(水没した車の)タイヤまで見えて地面も見えて良かったと思った」丸森病院では入院患者55人を今週いっぱいかけて、別の病院に移す考えです。

国土交通省の災害査定官 丸森町を視察

2019年10月15日19時7分

ニュース画像

[画像をクリック]

国土交通省の担当者が被害状況を確認するため、宮城県丸森町に入り、堤防の決壊現場などを視察しました。国土交通省は被害状況の把握と決壊した堤防や道路などの復旧工事に向けて、技術的な助言や指導を行うため、15日、災害査定官を宮城に派遣しました。災害査定官は丸森町を訪れ、堤防が決壊した阿武隈川の支流を視察し、被害状況を確認しました。国土交通省・加藤孝災害査定官「現地に来ると今回の災害は非常に大きな災害だと痛感しました。現場を見させていただいて、一日も早い復旧復興をやっていかなければいけないとまさに痛感した次第です」災害査定官は今後、県内各地の災害現場を視察する予定で、県が国に申請する復旧工事の計画について、技術的側面から助言を行うほか、申請内容に過不足が無いか確認も行います。

角田市でも浸水被害 入居前の新築住宅が…

2019年10月15日19時5分

ニュース画像

[画像をクリック]

阿武隈川が氾濫した宮城県角田市では住民が家の中の片付けに追われています。角田市の中心部から1.5キロほど離れた裏町地区です。住宅の立ち並ぶ地区全体が浸水し、13日はヘリコプターや自衛隊のボートによる救助活動が行われました。14日、水が引き、15日は自宅に戻って掃除をしたり、家具や畳などを運び出す人の姿が多く見られました。建物についた浸水の跡を測ってみると1メートル85センチ。水に濡れた家具や衣類は重く運び出すにも時間がかかっていました。また、こちらの新築の住宅は入居直前に浸水被害を受けました。新築が浸水した女性「暮らす直前だったんです。これからどうすれば良いのか分からない状態です」住民からは震災ごみの処理方法などに関する情報が伝わらず、困惑する声も聞かれました。裏町地区の住民「市がもっと早く対応してくれると軽トラックを用意しているので、(捨てるものを)運べる状態なんですけど、まだどこに運んで良いのか分からない状態なんで(困っている)」角田市ではほかにも浸水被害を受けた地区が複数あり、避難所に避難している人は15日午後1時時点で64世帯・123人で、一部地域では停電や冠水が続いているということです。角田市では16日から市役所でり災証明書の申請を受け付けます。

土砂崩れで孤立 丸森町筆甫に初めてカメラが入る

2019年10月15日18時59分

ニュース画像

[画像をクリック]

土砂崩れで孤立している宮城県丸森町筆甫地区にKHBのカメラが初めて入りました。福島県との県境に位置する丸森町の筆甫地区は、土砂崩れなどによって町の中心部とつながる道路が寸断され、孤立状態が続いています。福島県側とは道がつながっている箇所があるため、15日、KHBのカメラが福島県側から山間部の道を使って筆甫地区に入りました。根津薫平記者リポート「丸森町筆甫の北山地区です。この先、丸森町の中心部にのびる道路があったということなんですが、ご覧のように完全に崩壊してしまって、道路があったことが全く分からないような状態になっています」筆甫の北山西地区では、丸森町の中心部へつながる道路が完全に崩壊していて、通行ができない状態です。電気や水道などライフラインも寸断されたままで、住民は不便な生活を強いられています。また、この地区では80代の男性が12日の夜に土砂崩れに巻き込まれ、13日正午ごろに救助されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。近所の男性「9時ちょうどだったらしいんですよ。鉄砲水みたいなのが入って一気に2階まで潰れ落ちたと言うんですよ。この地区では良い人だったんだ、仕事はできるし、そういう人が亡くなるんだから」筆甫では道路が寸断されたため、いまだに孤立している集落が残されていて、一刻も早い道路の復旧が待たれます。

丸森町で懸命の捜索続く 被害の全容見えず

2019年10月15日18時54分

ニュース画像

[画像をクリック]

被害の全容が見えていない宮城県丸森町では15日も山間部で懸命の捜索が行われました。丸森町によりますと、15日午前、耕野地区で家の中で土砂崩れに巻き込まれた83歳の女性の遺体が見つかりました。町などによりますと、午後3時現在で町内で6人が死亡、2人が行方不明となっています。このほか、午後には丸森町の廻倉の川や耕野の住宅で救助された人がいます。山間部では道路が寸断され孤立している地区が複数あり、町では被害の全容は把握できていないとしています。町では今後さらに被害が拡大するとみています。また、石巻市の水沼でも男性1人の遺体が見つかりました。警察は避難を呼び掛けている途中に行方不明になった男性とみて、身元の確認を急いでいます。