お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 娘の頭を踏みつけたとして父親を暴行容疑で逮捕

娘の頭を踏みつけたとして父親を暴行容疑で逮捕

2019年04月15日 18時43分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

仙台市泉区の自宅で、当時小学6年生の長女の頭を数回踏みつけるなどしたとして、43歳の父親が暴行の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、泉区向陽台の会社員の男(43)です。警察によりますと、男は、去年8月に、自宅で当時小学6年生の長女の頭を数回踏みつけたり蹴ったりしたとして、暴行の疑いが持たれています。警察の調べに対し、男は「間違いありません」と容疑を認めているということです。長女は、警察に対し「突然、怒鳴られ驚いて倒れたところ、頭を踏みつけられた」などと話しているということです。仙台市の会見「虐待も疑われるという認識を持って、児童相談所に連絡した」当初、母親や祖母からは階段から落ちたと学校に報告されていましたが、去年8月と今年1月に長女の友人が暴行があったことを教師に伝え、学校側が児童相談所に通報したということです。暴行との因果関係は分かっていませんが、長女は頭痛を訴え、去年12月に慢性硬膜下血と診断され手術したということです。その後、回復したということです。男は、妻のほか子ども5人との7人暮らしで、児童相談所は3月1日までに暴行を受けた長女を含め子ども達全員を保護したということです。警察は日常的な暴行がなかったかなど詳しい調べを進めています。