お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース > 宮城県64歳以下の接種 5市町村は6月開始予定

宮城県64歳以下の接種 5市町村は6月開始予定

2021年06月11日 18時45分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

 新型コロナワクチンの64歳以下への接種は、宮城県内35の市町村の半分で開始時期のめどが立ち始めています。

 富谷市など5つの市町村が6月中、仙台市や石巻市、気仙沼市など10の市と町が7月中の開始を予定しています。

 KHBが64歳以下への接種について、県内35の市町村に尋ねたところ、6月に開始するのは県内で最も人口の少ない七ヶ宿町と、合同で大規模接種会場を設置する富谷市、大和町、大郷町、大衡村です。

 7月中の開始を見込むのは、仙台市、石巻市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、岩沼市、松島町、利府町、蔵王町の計10の市と町です。

 また、8月中の開始を目指すのは、大河原町、七ヶ浜町、それに美里町です。このほか、塩釜市や多賀城市など17の市と町は日程が見通せていないということです。

 接種は基礎疾患の有無や年齢、職業などによって優先順位があります。詳しくはお住まいの市町村から届く案内でご確認ください。