お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > khbニュース > 配達灯油の暫定価格 前季より約2割値上げ みやぎ生協

配達灯油の暫定価格 前季より約2割値上げ みやぎ生協

2021年09月24日 16時03分

ニュース画像

動画を再生するには画像をクリックしてください。

 みやぎ生協の今シーズンの配達灯油の暫定価格は、コロナの影響で低迷した原油需要が回復するとの期待から、18リットル当たり1782円と、前のシーズンより約2割値上がりしました。

 県生協連は24日、冬の配達灯油の暫定価格を18リットル当たり1782円と発表しました。前のシーズンと比べ306円、約2割の値上がりです。

 これは、新型コロナワクチンの普及による経済活動の活発化で、今後、原油需要が回復するとの見込みが影響しているとみられます。

 宮城県生協連エネルギー事業本部矢野敏昭本部長「需要回復の期待があって、相場がそれに反応している。現状としては高値安定傾向に収まっています」

 県生協連での灯油の配達は27日からです。