お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > ANNニュース

ANNニュース

稲田大臣“罷免”自民応じず 野党臨時国会召集要求

2017年6月29日11時47分

ニュースの画像

 自民党と民進党の国会対策委員長が会談し、民進党は安倍総理大臣が稲田防衛大臣を罷免(ひめん)することや臨時国会を速やかに開くよう求めました。  会談で山井国対委員長は稲田大臣の選挙応援での発言を受け、防衛大臣の資格はないとして野党4党による安倍総理に対する稲田大臣の罷免要求書を竹下国対委員長に手渡しました。また、加計学園の問題を巡り、「安倍総理は国民に説明すると言ったのだから、国会を開くべきだ」として国会の閉会中審査か臨時国会を速やかに召集するよう迫りました。しかし、竹下氏はいずれも応じませんでした。野党側はこの後、大島衆院議長に対して憲法の規定に基づき、安倍総理が臨時国会を召集するよう働き掛けてほしいと申し入れをすることにしています。

下村元文科大臣が全面否定 “加計から献金”報道

2017年6月29日11時46分

ニュースの画像

 加計学園からの政治献金を記載していなかったなどとする週刊誌報道を巡って、自民党の下村幹事長代行が29日午前に記者会見し、「全く事実に反する」と強く否定しました。  自民党・下村幹事長代行:「事務所で確認したところ、2013年も2014年も合計11の個人及び企業がいずれも1社(者)20万円以下でパーティー券を購入したものであり、加計学園が購入したものではないとのことであります。従って『加計学園から闇献金200万円』という記事は事実に反します」  週刊誌の報道によりますと、下村氏が文部科学大臣だった2013年と2014年に後援会が開いた政治資金パーティーで、加計学園側がパーティー券200万円分を購入したとの記載があるということです。しかし、下村氏側の政治資金収支報告書には記載がないとしています。下村氏はこの報道について「選挙妨害目的だ」などとしたうえで、名誉毀損などで週刊誌側を告訴する考えを示しました。

29日午前株価 108円44銭高の2万238円85銭

2017年6月29日11時36分

ニュースの画像

 29日午前の東京株式市場の平均株価は100円以上値上がりしています。  午前の終値は、前日より108円44銭高い2万238円85銭となっています。

奄美地方が梅雨明け 平年と同じ 去年比べ11日遅い

2017年6月29日11時07分

ニュースの画像

 奄美地方の梅雨明けを発表。平年と同じ。去年と比べて11日遅い。気象庁。

長崎空港で小型機が胴体着陸 滑走路閉鎖

2017年6月29日11時05分

ニュースの画像

 29日午前10時半ごろ、長崎空港で小型機が胴体着陸。けが人なし。滑走路閉鎖中。

株主総会集中日 “総会屋”など警戒で1000人動員

2017年6月29日10時31分

ニュースの画像

 株主総会集中日の29日、東京都内では約340社が総会を開きます。警視庁は約1000人を動員し、警戒にあたります。  警視庁組織犯罪対策第三課・岡野祐資課長:「株主総会は株式会社の最高意思決定機関で、企業にとって最も重要な行事であります。責任感を持った厳正な警戒をお願いします」  株主総会が集中する29日、都内では約340社が株主総会を行います。警視庁は約1000人の臨時警戒員を動員し、それぞれの総会で総会屋による不規則発言や暴力行為などに対しての警戒にあたります。警視庁によりますと、6月は株主総会が集中していて、都内では約1200社が株主総会を開く予定で、警視庁は臨時警戒員3000人ほどで対応していく方針です。

ノートパソコンも?米行き国際線 搭乗前検査強化へ

2017年6月29日10時30分

ニュースの画像

 アメリカのトランプ政権がテロ対策のため、各国の空港などにアメリカ行きのすべての国際線で搭乗前の検査を強化するよう要求する方針を明らかにしました。  国土安全保障省・ケリー長官:「テロ対策の第一歩として、米国に向かう全国際線で新たな安全対策の適応求める」  アメリカのケリー長官は飛行機での爆破テロなどの対策として、乗客や手荷物の搭乗前の保安検査を厳しくする方針を明らかにしました。これまで検討されていたノート型パソコンの機内持ち込みの禁止は見送られました。一方で、先端技術を用いた検査機器の導入などトランプ政権が求める対応を空港や航空会社が取らなければ、パソコンなどの客室への持ち込みが禁止になる可能性もあるということです。105カ国の空港が対象で、一日に平均2100便、乗客約32万5000人に影響するということです。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017

米国連大使 北朝鮮ICBMの米本土到達「もっと早い」

2017年6月29日8時01分

ニュースの画像

 アメリカのヘイリー国連大使が議会で証言し、北朝鮮が開発を進めるICBM(大陸間弾道ミサイル)は予想よりも早くアメリカ本土に到達する能力を持つという見方を示しました。  ヘイリー米国連大使:「北朝鮮のICBMが米本土に届くのに複数年かかるという楽観的な見方もあるが、私はもっと早いと思う。なぜなら北朝鮮が目標に掲げているからだ」  ヘイリー大使は北朝鮮の核・ミサイル開発の資金を断つために圧力を強めることが重要だと述べたうえで、資金獲得のために海外で働いている北朝鮮労働者への対策が必要だと指摘しました。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017

福島第一原発 「凍土壁」完全凍結許可へ 規制委

2017年6月29日7時02分

ニュースの画像

 福島第一原発の汚染水対策で安倍政権が切り札とする「凍土遮水壁」について、原子力規制委員会は東京電力が申請した最後の1カ所の凍結を許可する方針を固めました。  福島第一原発では地下水が建屋内に流入して汚染水が増えるのを防ぐため、周囲の地盤を凍らせて氷の壁を作る「凍土遮水壁」を作る計画が進められてきました。原子力規制委員会は、氷の壁を完全に凍結させると内側の地下水の水位が下がり、建屋内にたまった高い濃度の汚染水が外に漏れ出る可能性が否定できないとして慎重に審査を続けていました。しかし、完全に凍結しても建屋の外側に複数ある井戸でくみ上げる地下水の量を調整すれば高濃度の汚染水が漏れ出ることはないと結論付け、東電が申請した最後の1カ所の凍結を許可する方針を固めました。28日に開かれた検討会合で明らかにしました。東電は凍土遮水壁が完成した場合、現在も一日あたり約130立方メートル発生している汚染水がどの程度、減るかについては「凍結後に評価する」として明言を避けました。

米軍基地の辺野古移設 新たな護岸建設が本格化

2017年6月29日5時57分

ニュースの画像

 アメリカ軍普天間基地の沖縄県名護市辺野古への移設を巡り、2カ所目となる護岸工事の開始を目前に反対派の抗議が続いています。  護岸工事の2カ所目となる南側の現場は新たなフロートで規制され、その外側で海上保安官と工事に反対する市民が対峙(たいじ)しています。28日に新たにフロートが引き出されたのは埋め立て区域の南側のエリアで、新たな護岸の建設が予定されている場所です。周辺では数日前から資材の搬入用とみられる仮の道路の建設が進められていて、砂浜に捨て石を落とす作業が確認されました。また、約2カ月前に護岸工事が始まった北側の護岸は約100メートルほどに伸び、波消しブロックが並べられていました。