お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > ANNニュース

ANNニュース

米朝“極秘会談”予定あった!直前で北がキャンセル

2018年2月21日10時56分

ニュースの画像

 平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会式に出席したアメリカのペンス副大統領が北朝鮮の金正恩委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)氏と極秘会談を予定していたとアメリカメディアが報じました。  ワシントン・ポストによりますと、アメリカと北朝鮮はペンス副大統領が韓国に向かう前に極秘の会談を行うことで合意しました。ペンス副大統領が韓国に到着した8日に詳細を詰め、最終的にペンス副大統領と与正氏らがオリンピックの開会式翌日の10日午後に韓国の大統領官邸で会談することで合意したということです。韓国政府は会談には入らず、会談の調整を行ったということです。ところが、会談の2時間前に北朝鮮側がキャンセルしてきたということです。極秘会談はトランプ大統領も了承していて、トランプ政権の強硬姿勢を直接、伝えることが目的だったとしています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018

複数の建物から炎と煙 熊谷市の住宅密集地で火災

2018年2月21日10時32分

ニュースの画像

 埼玉県熊谷市で、空き家など少なくとも3棟が全焼する火事がありました。現場は市役所のすぐ近くで、周辺は一時、騒然としました。  複数の建物から炎と煙が激しく立ち上っています。21日午前4時半前、熊谷市宮町で「火災が起きている」と119番通報がありました。消防車7台以上が出動し、火は約50分後にほぼ消し止められましたが、木造平屋建ての空き家や木造2階建ての飲食店など少なくとも3棟が全焼しました。警察などによりますと、けが人は出ていません。現場は市役所から約100メートルほどの住宅密集地です。警察は実況見分などをして、出火原因などを調べる方針です。

裁量労働制の対象拡大“延期”も立憲幹部は反発

2018年2月21日10時30分

ニュースの画像

 「働き方改革関連法案」に盛り込む裁量労働制の対象の拡大について、政府は施行を1年程度、遅らせる検討に入りました。  働き方改革を巡っては、厚生労働省の不適切なデータに基づいて安倍総理大臣が答弁し、その後、撤回して謝罪しました。政府関係者によりますと、裁量労働制の対象拡大は当初、来年4月からの実施を予定していましたが、1年程度、遅らせる修正案の検討に入ったということです。立憲民主党の幹部は「施行の延期では意味がない。裁量労働制に関する法案の提出は見送るべきだ」と反発を強めています。一方、政府関係者は「混乱を招いた以上、丁寧に進めないといけない。野党が全部やり直せというのは建設的ではない」と述べ、法案の成立を目指す考えを強調しています。

建物が火に包まれ…複数全焼 現場は熊谷市役所付近

2018年2月21日9時34分

ニュースの画像

 埼玉県熊谷市で住宅とみられる複数の建物が全焼する火事がありました。けが人はいませんでしたが、現場は市役所のすぐ近くで周囲は一時、騒然としました。  21日午前4時半前、熊谷市宮町2丁目で「住宅火災が起きている」と119番通報がありました。消防車7台以上が出動し、火は約40分後にほぼ消し止められました。警察などによりますと、けが人は出ていません。現場は市役所から約100メートルほどの住宅密集地です。

裁量労働制の対象拡大 1年程度の施行延期を検討

2018年2月21日9時25分

ニュースの画像

 政府は働き方改革関連法案に盛り込む裁量労働制の対象拡大について、当初の予定から1年程度の施行延期を検討していることが分かりました。

英“ケンタッキー”チキン不足で休業続出 配送滞る

2018年2月21日8時02分

ニュースの画像

 イギリスの「ケンタッキーフライドチキン」で配送トラブルのため、材料のチキンが不足して多くの店舗が休業に追い込まれる事態となっています。  イギリス国内にあるケンタッキーフライドチキンの900店舗のうち半数がチキン不足のため、先週末から休業しています。ケンタッキーでは先週から材料などの配送を新たな業者に委託しましたが、運用に問題があって配送が滞っているということです。  店を訪れた客:「KFCが大好きなので、胸が張り裂けそうだ。泣きたい気持ちだよ。怒ってるし、腹ぺこだよ」  一部の店では時間を限定して営業していますが、全面再開の見通しは立っていません。

危険ドラッグ事故 遺族協力で教育ビデオが完成

2018年2月21日5時58分

ニュースの画像

 違法薬物の撲滅を訴えようと危険ドラッグによる交通事故被害者の遺族が協力した教育ビデオが制作されました。  川上育也さん(当時25)は2014年5月、長野県の県道で車を運転中に時速120キロを超えるスピードで逆走してきた危険ドラッグ使用者の車に衝突されて死亡しました。ビデオは川上さんの家族が協力して市民団体が制作し、父親らが20日に違法薬物の危険性を広く伝えたいとビデオを加藤厚生労働大臣に寄贈しました。  川上育也さんの父親:「リスクがこんなにあるんだと、本当に早い段階で分かってもらいたい」  ビデオは今後、高校や大学などを中心に全国に配布されるということです。

“ロシアのパリス・ヒルトン” 現政権を痛烈批判

2018年2月21日5時57分

ニュースの画像

 来月、行われるロシアの大統領選挙で現職のプーチン氏に対抗して立候補している女性候補が会見し、現政権を痛烈に批判しました。  ロシア大統領選候補、クセーニヤ・サプチャク氏(36):「他の候補者を見下すプーチン氏が大統領選に出る意味はない」  その豪華な暮らしぶりから「ロシアのパリス・ヒルトン」とも呼ばれるテレビ司会者のサプチャク氏は20日、プーチン大統領はロシア国内の人権問題に真剣に取り組む気がないなどと激しく批判しました。一方、北方領土問題については「ロシア人の住む島を簡単に日本には引き渡せない」と主張しています。サプチャク氏は都市部の若者を中心に支持を集めていますが、7割以上の支持率を誇るプーチン氏を切り崩すのは極めて難しい状況です。

「ボコボコにして灯油」事件直後に容疑者“告白”

2018年2月21日5時55分

ニュースの画像

 千葉県印西市で住宅が放火されて女性の遺体が見つかった事件で、容疑者の1人が事件直後、知人に電話して「灯油をかけて火を付けた」などと話していたことが分かりました。  容疑者の知人:「どうしたの?と聞いたところ、『放火した』と言われて。放火?と聞いたところ、『人を殺した』と言われて自分もびっくりして。『居候していた所におばあちゃんがいて、金銭に関してのもめ事が起きて』『ボコボコにした』『灯油をぶっかけて、火を付けた』と」  金崎大雅容疑者(20)、菅野弥久容疑者(20)ら男女4人は17日、印西市の住宅に火を付けて海老原よし子さん(55)を殺害した疑いが持たれています。電話で話した知人によりますと、容疑者の1人は事件当日の夜、「今、逃げてる」「どうすればいいのか分からない」などとも話していたということです。

ロシア人メダリスト 2度目の検査も薬物“陽性”

2018年2月21日5時52分

ニュースの画像

 ロシアから個人資格でカーリングの混合ダブルスに出場し、銅メダルを獲得した選手について、2回目のドーピング検査でも陽性反応が出たと発表されました。  ドーピングの疑いが掛けられているのはアレクサンドル・クルシェルニツキー選手で、1回目の検査で禁止薬物のメルドニウムが検出されたと報じられていました。ロシアのオリンピック委員会は20日、2回目の検査でもメルドニウムの陽性反応が出たと発表しましたが、意図的ではないとしています。また、選手本人も声明で「私は違法な薬物や不法な手段を用いて戦ったことは決してない」と潔白を主張しました。今後は、国際オリンピック委員会の要請を受けたスポーツ仲裁裁判所が違反の有無や銅メダルの処分について判断します。