お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > ANNニュース

ANNニュース

12日午後5時の円相場 1ドル113円46銭~47銭

2017年12月12日17時46分

ニュースの画像

 12日の東京外国為替市場の円相場は、午後5時現在、11日に比べ3銭・円安ドル高の1ドル=113円46銭から47銭で取引されています。

全職員に“禁酒令” ただしプライベートは…

2017年12月12日17時35分

ニュースの画像

 職員が酒気帯び運転で検挙されたことを受け、全職員に1週間の「飲酒禁止」を通達しました。  宮崎市の田野総合支所に勤める20代の男性主事は、8日に居酒屋でビール2杯と焼酎1杯を飲んだ後、2次会に移動するために車を運転しました。その後、警察官に呼び止められて呼気検査を受けたところ、基準値を上回るアルコールが検出されて酒気帯び運転で検挙されました。職員の不祥事を受け、宮崎市は11日に全職員に対し、服務規律の徹底を周知するとともに1週間、公的な飲み会での飲酒を禁止するよう通達しました。

【全国の天気】あすも猛吹雪&雪崩に警戒

2017年12月12日17時31分

ニュースの画像

 全国の天気です。あすにかけても冬の嵐に警戒が必要です。まずは、あすにかけての雪と雨の予想です。日本海側を中心に大雪が続く見込みです。あす夕方にかけて降る雪の量は、北陸の多い所で70センチなど積雪がさらに増える恐れがあります。猛吹雪や雪崩などに引き続き警戒が必要です。  雪と風の警戒時間帯です。北海道から北陸、東海にかけてはあす夕方から夜にかけてもピークが続きます。近畿北部や山陰はあすの夜、再び雪が強まる恐れがあります。あさっては、次第に雪や風が弱まるでしょう。  《全国の予報》  【週間予報】札幌から東京です。日本海側は、あさってにかけて雪が降りやすいでしょう。仙台、東京は金曜日にかけて晴れますが、最高気温は10度以下で寒さは厳しいでしょう。  名古屋から那覇です。金曜日になると、冬型の気圧配置は緩み寒さは少し和らぎそうです。土曜日は広い範囲で雪ではなく、雨が降りそうです。

お歳暮シーズンに“暗い影”リンゴが高騰…なぜ?

2017年12月12日17時28分

ニュースの画像

 お歳暮シーズン真っ盛りだが、関係者から戸惑いの声が上がっている。デパートのお歳暮コーナーで異変が。あの定番フルーツが高騰している。  熱々のパイにジャムをたっぷり、サクサクの生地から出てくるのは、甘い香りのリンゴ。東京・自由が丘のパイ専門店。今が旬のリンゴは店の一番人気。しかし…。お歳暮の時期、デパートの青果コーナーにはたくさんの贈答用のフルーツが並んでいるが、なかでも人気の長野県産のリンゴは去年に比べて仕入れ値が2、3割上がっているということだ。お歳暮にも引っ張りだこの贈答用のリンゴは去年、1玉500円ほどだったが、今年は800円超え。さらに家庭用のリンゴも。  松坂屋上野店・食品担当、山田潮人さん:「一般のリンゴの販売価格は仕入れ値が若干、上がっているが、販売価格は据え置きで販売する努力をしています」  一体、産地で何が起きているのか。  アグリながぬま・田中浩介所長:「贈答向けのリンゴが少ない傾向。この時期、ここまでないのは珍しい」  商品棚はすっからかん。別の直売所でも品薄をわびる貼り紙が。理由は…。10月、収穫間近のリンゴを襲った台風と長雨。この影響で、色付きが悪いうえに小さく、贈答にぴったりの良質なリンゴがそろわないという。傷の付いたリンゴは規格外として店に並べる。ただ、その味は…。  アグリながぬま・田中浩介所長:「今年は蜜入りも良いし、味は良いと思うので、見た目の部分だけです」

安全・正確ピカイチ!日本の鉄道、イギリスを行く

2017年12月12日17時25分

ニュースの画像

 イギリスでも安全で正確な運行が期待されています。  JR東日本と三井物産がイギリスで鉄道路線の運営を始め、11日に記念の式典が開かれました。運行が始まったのはロンドンとリバプールなどを結ぶ「ウェストミッドランズ鉄道」で、JR東日本が海外の鉄道事業に進出するのは初めてです。  JR東日本・小縣方樹副会長:「145年間、築き上げてきた日本の鉄道の強みをイギリスで実現したい」  今後、日本円で約1500億円をかけて新型車両の導入などを進め、通勤ラッシュの混雑緩和や定時運行を実現する計画です。

野生のゾウ“襲撃”…バスに体当たり 中国雲南省

2017年12月12日17時21分

ニュースの画像

 バスが突然、野生のゾウに襲われました。フロントガラスに体当たりするゾウ。乗客の運命は…。  道路で止まっているバスの前をうろついているのは、なんと野生のゾウ。この映像は、中国南西部の雲南省で9日に撮影されました。ゾウはこの後、予想外の行動に出ます。これはバスの中からゾウを捉えた映像です。バスに向かってゾウが体当たりをしている様子が映っています。大きなゾウの体当たりの衝撃は強烈で、「バキッ」と音を立てながらフロントガラスに大きなひびが入りました。別のカメラでは、同じゾウが鼻を使ってトラックを揺らす様子も映されています。中国メディアは、一連の騒動によるけが人はいないと報じているということです。

核実験場に動き 衛星が“掘削作業”とらえる

2017年12月12日17時17分

ニュースの画像

 北朝鮮では動きが。アメリカの研究グループは、将来の核実験に備えたものだと分析しています。  北朝鮮研究グループ「38ノース」は、7日までに撮影された衛星画像などの分析で、北東部の豊渓里(プンゲリ)にある地下核実験場で掘削活動が続いていると発表しました。実験場の西側の坑道周辺では車両や人のほか、土砂を運び出す荷車が確認でき、研究グループは将来の核実験に備えたものと分析しています。一方、過去5回の核実験が行われた北側の坑道ではほとんど活動が確認されず、放棄された可能性があるとしています。

部員を暴行か 強豪バレー部コーチを“傷害”で捜査

2017年12月12日17時17分

ニュースの画像

 「春高バレー」への出場が決まっている強豪バレー部のコーチを傷害の疑いで捜査です。  足利工業大学付属高校によりますと、体育館の教官室で6月、66歳の男性コーチが2年生の男子部員を正座させ、胸の辺りを蹴ってけがをさせました。この問題で、栃木県警は7日付で男子部員側からの被害届を受理し、傷害の疑いで捜査を始めました。また、この男子部員は、他の部員2人からも別々に顔を殴られるなどの暴行を受けたとして被害届を提出しています。県警が捜査しています。

3年連続で温室効果ガス減少 原発再稼働が主な要因

2017年12月12日17時02分

ニュースの画像

 2016年度に国内で排出された温室効果ガスの量が3年連続で減少したことが分かりました。  環境省によりますと、2016年度に排出された二酸化炭素などの温室効果ガスの量は速報値で13億2200万トンで、前の年度と比べて0.2%減少しました。3年連続で減少したのは統計を取り始めた1990年以降、初めてのことです。再生可能エネルギーの導入が進んだことに加え、原発の再稼働が主な要因とみられています。一方、二酸化炭素と比べて数百倍から1万倍ほどの温室効果を持つHFCと呼ばれる代替フロンの排出量は、10.3%増えて410万トンでした。

“核開発”継続の方針 金委員長出席で軍需工業大会

2017年12月12日16時55分

ニュースの画像

 北朝鮮メディアは金正恩委員長立ち会いのもと、軍需工業大会が開幕したと報道しました。先月の「火星15」の発射成功をたたえ、核・ミサイル開発を続ける方針を改めて示したと伝えています。  12日付の労働新聞は、11日に平壌で開幕した軍需工業大会でステージ中央に座る金委員長の写真などを大きく報じました。大会には先月29日の大陸間弾道ミサイル「火星15」の発射に貢献した軍需工業分野の科学者や技術者らが参加したということです。太宗秀(テ・ジョンス)党中央委員会副委員長は「水爆と大陸間弾道ミサイルを保有する世界的な軍事大国に変えた金正恩委員長の業績は、祖国の歴史に永遠に輝く」と強調し、「拍車を掛けて国家核戦力を質的、量的にさらに強化すべき」と述べ、核開発を継続する方針を示しました。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017