お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > ANNニュース

ANNニュース

麺が見えない!丸亀製麺“1kg超”デカ盛りうどん

2020年10月20日19時38分

ニュースの画像

総重量1キロ以上。デカ盛りブームが続いています。  大手うどんチェーンの丸亀製麺は20日から「漢気!牛肉タル鶏天ぶっかけうどん」を売り出しました。鶏の天ぷらと甘辛く煮込んだ牛肉、さらにタルタルソースをトッピングした重さ1キロを超える「デカ盛りうどん」です。新型コロナウイルスの感染拡大で客足が遠のいている外食産業では、客単価を上げるために「デカ盛りメニュー」の発売が相次いでいます。

劣勢のトランプ大統領 激戦の火種は投票箱にも!?

2020年10月20日19時36分

ニュースの画像

バイデン批判を強めるトランプ大統領。激戦の火種は投票箱にも。  煙を吐く箱。鍵を壊してふたを開けると、そこにはアメリカの未来を決める用紙がありました。18日、カリフォルニア州で起きた放火事件。最大100人分の投票用紙が燃えたといいます。投票箱を巡っては共和党が非公式のものを設置。誤解を招くと問題になりました。勝つためなら何でもやる。そんな姿勢は演説にも垣間見えます。  トランプ大統領:「バイデンが正常ではない。もう終わっている。何のアイデアも持っていない。あの党を動かしているのは過激な左翼の『正気を失った人たち』だ」  小さな言い間違いも攻撃の対象です。  様々な思いが渦巻く大統領選ですが、こちらは爽やか。民主党のハリス副大統領候補は19日にフロリダ州で演説。ドライブイン方式で距離を取ります。一部の調査ではバイデン氏リードは8.9ポイントまで開いています。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2020

ティッシュの箱に興味津々のネコ…突進してスッポリ

2020年10月20日19時34分

ニュースの画像

トラネコの「ちゃたろう」くん。部屋に落ちていたティッシュの空箱に興味津々です。すると、どう見ても自分よりサイズの小さい箱に、まさかの突進です。そして、スッポリ。しかし、やはり苦しいのか、ブンブンと箱を振り回し、結局…。この箱がこんなにも小さいとは、思いもよらなかったと言わんばかりの顔。ちゃたろうくんの可愛さが話題となり、この動画には21万もの「いいね」が付いています。

助けるシカない!極寒の海で発見 救助後もブルブル

2020年10月20日19時32分

ニュースの画像

冷たい海を泳いでいたのはシカでした。これは「助けるシカ」ありません。  アメリカ・アラスカ州の海で泳ぐシカが発見されました。水温は9度。凍えるような寒さです。地元の湾岸警備隊がボートのスピードを落とすと、シカから近付いてきました。無事に救助することができました。見たところ、大きなけがなどはないようです。しかし、陸に上がっても足の震えが止まりません。この後、自然に返されたということです。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2020

奇跡の1枚…ネコ2匹の見事な“にゃんタッチ”

2020年10月20日19時31分

ニュースの画像

2匹のネコちゃんを捉えた写真に15万近くもの「いいね」が付きました。その訳はハイタッチ、ならぬ「にゃんタッチ」。撮影した人によりますと、右側がお母さんで、左側がその子どもだそうです。近所にはたくさんの地域ネコがいて、普段から仲の良い様子を撮影してきたといいます。毎日、触れ合ってきたからこそ撮ることができた奇跡の1枚なのかもしれません。

パン達人が本気で推す!魅惑の「バインミー」

2020年10月20日19時30分

ニュースの画像

これまでの常識をがらりと変える驚きの逸品とは。  あなたは今、夢中になっているパンはあるでしょうか。食パン専門店にカレーパン専門店、目まぐるしく変わるパンのトレンド。今回は1万個以上のパンを食べ歩いてきた“旅するパンマニア”の片山智香子さんが注目のパンをオシオシしてくれます。  1万個食べた“パンマニア”:「ぜひ、食べてみてもらいたいのが『バインミーシンチャオ』の焼き豚肉バインミーです」  聞き慣れないパン「バインミー」とは。これぞ、オシオシさんの一押し「焼き豚入りのバインミー」。バインミーとはベトナムで愛されてきたサンドイッチなんです。  焼いたフランスパンにレバーペーストを塗り、バター、しょうゆを。そこにキュウリやなますをたっぷり。さらに、ベトナムのチリソースをアクセントに。焼き豚はしょうゆベースの秘伝のタレに漬け込んだもの。  1万個食べた“パンマニア”:「ベトナム人の方がオーナーシェフなので、より本場の味に近い。ものすごくやみつきになって、次行ったらもう一回食べようって思うぐらいおいしかった」  ボリューム満点。オシオシさんがハマったバインミー。他にもエビやアボカドが入ったものや目玉焼きが入ったものなど、9種類のバインミーが楽しめます。  続いては、オシオシさんのパン人生を変えたという逸品。  1万個食べた“パンマニア”:「“ミルクフランス”なんですけど、そんなに得意じゃなかった。バゲットも好きだし練乳も好きなのに、一緒になるとイマイチ練乳が主張してきてあんまり好きじゃない…。その概念を覆してくれたのが『馬場FLAT』のミルクフランス」  これぞ、オシオシさんをとりこにした「ミルクフランス」。フランスパンにミルククリーム、とてもシンプルですが…。  フランスパンに使っている小麦は国産100%。北海道産の3種類をブレンドし、香りが強いパンに仕上げています。一方、ミルククリームは北海道産の発酵バターと練乳を使い、優しい甘さが特徴。気になる、そのお味は…。ミルク自体もコクがしっかりとあるんですけど、甘さがくどくなくて、パンの小麦の味を全く邪魔していません。大人もハマるミルクフランス。  1万個食べた“パンマニア”:「小麦の香ばしさとミルクの濃厚なうまみが口の中に入れる瞬間に鼻や口からもじわーっと広がって『うん、おいしい』って感じになります。オトナ女子も満足する味わい」

車置き去りの現場で「動き」 家宅捜索中に逃走の男

2020年10月20日19時25分

ニュースの画像

さいたま市で覚醒剤事件の捜査中に28歳の男が逃走、行方が分かっていません。軽自動車が乗り捨てられていた現場に動きがあったようです。埼玉県越谷市の現場から報告です。  (社会部・山木翔遥記者報告)  20日午後に警察のレッカー車両が到着し、男が乗り捨てた車が運ばれて行きました。その際に男の車から大きなクラクションが鳴り続けることがあったのですが、捜査員に話を聞くと、鍵がない状態でドアを開けたり車を動かしたりするとそういったセキュリティーシステムが鳴るんじゃないかという話がありました。ということは、男は鍵を持って逃走した可能性もあると思われます。  そして、現場の周りは車通りの多い通りから一本入ったところで、照明もかなり少なくて一気に暗くなってきました。空き地があって非常に静かな場所ですが、一方で、止めた車の前には大きな団地があります。男が車を乗り捨てた時間は分かっていませんが、恐らく団地の人の目というのも少なからずあったかなと想像されます。では、なぜこの場所に乗り捨てたのかということですが、捜査関係者によりますと、理由は分からないけれども何らかの関係先がこの付近にあったのではないかとみられるという話がありました。ここで取材をしている間も近所の人々が多く出てきて、まだ捕まらないのという声であったり、本当に不安だと。これから暗くなるので、どこに隠れているのかも分からない、そういった多くの不安の声が聞こえてきました。

妻語る“夫との最後のやりとり” 事件後に帰宅し…

2020年10月20日19時18分

ニュースの画像

群馬県高崎市で30歳の女性が殺害された事件、20日に急展開を迎えました。逮捕状が出ていた男が死亡しているのが発見されましたが、容疑者の妻が取材に応じて「夫との最後のやり取り」を明かしました。  死亡した容疑者の妻:「被害者の方には大変、夫が申し訳ないことをした思って謝罪させて頂きます。申し訳ありませんでした」  突如、過酷な状況に投げ込まれた容疑者の妻。家の中からは子どもの泣き声が聞こえます。  死亡した容疑者の妻:「帰ってきた時に様子がおかしかった。ちょっと普通ではないなと…。すぐに出て行ったので、(家には)10分、15分くらいしかいなかったと思います。子ども達にごめんなさいということだけ言って…。私に対してもごめんなさいという言葉だけでした。女性との関係というのを私も知っていましたので、ごめんなさいと言うのが、その女性に関することだっていうのは分かりました。何か女性とのトラブルないし、何かがあったのかなと思いました」  18日、JR高崎駅近くの高架下、レンタカーの運転席で殺害された大沢佳那子さん(30)。殺人の疑いで逮捕状が出ていた36歳の男には妻と2人の子どもがいました。  死亡した容疑者の妻:「(Q.女性との関係はいつ?)もう去年から分かっていました。ずっと、そういう(関係清算の)話はしていて、向こうとここまでのトラブルになっていると思わず。家では普通のお父さんとしてやっていました」  男は事件当日の夜、千葉県松戸市の自宅に戻り、10分ほどで再び出て行ったといいます。そして19日、千葉市内のホテルで死亡しているのが発見されました。自殺とみられています。  死亡した容疑者の妻:「夫の携帯に電話を掛けたらつながらなかった。向こうから掛け直して来たら、それが警察からの電話で(夫の死亡について)それで知った。自分のしたことを…、重く受け取ったんじゃないでしょうか。分からないです。それは彼のなかのことなので」  殺害された大沢さんの遺族はこうコメントしています。  大沢さんの遺族のコメント:「娘はいつもと変わらずに、『行ってきます』と言って自宅を出ていたったのに、こんなことになってしまい、全く実感がわきません」  被害者やその家族から奪われた平穏な日常…。男は自分の家族にも苦しみを残し、この世を去りました。

無人ストアで「商品見て購入」 自由に試着し注文

2020年10月20日19時16分

ニュースの画像

接客のない無人のポップアップストアがオープンしました。  普段はインターネットだけで販売されているブランド「JAMAIS VU」のポップアップストアが渋谷西武にオープンしました。販売員は常駐せず、客が自由に商品を試着することができ、誰とも接触することなく注文して商品は後日、自宅に届けられます。「実際に商品を見てから購入したい」という通販サイト利用客のニーズに応えたということです。そごう・西武は「安心して買い物を楽しんでもらいたい」としています。

次のブームはバナナジュース? 出店ラッシュのワケ

2020年10月20日19時14分

ニュースの画像

タピオカの次のブームは何なのか。お馴染みのジュースもあのタルゴナも一味違う最前線です。  東京・日本橋にあるバナナジュース専門店「BANANA JUICE TOKYO」。こちらのバナナジュースは甘く、もっちりとしたエクアドル産プレミアムバナナと少量生産で高品質のミルクを使用。砂糖や添加物を使わず、バナナはジュースに最適なタイミングまで熟成させるといいます。今、バナナジュースはSNSなどで「タピオカの次はバナナジュース」などといわれるほど話題に。バナナジュース専門店の出店が相次いでいるというのです。  コロナ禍で飲食店が苦戦するなか、出店が相次ぐ理由の1つにバナナジュース店の開業コストの低さがあるといいます。ちなみに、人気のトッピング1位はカカオ豆を焙煎(ばいせん)した「カカオニブ」、2位は「きな粉」。きな粉とバナナで食物繊維たっぷりです。そして3位は、なんと「炭」です。  一方、東京の「Cha aoyama」。話題になっているのが韓国の「タルゴナミルクティー」です。そういえば、ふわふわ泡の「ダルゴナコーヒー」が流行りましたが…。こちらは甘いお菓子がトッピングされたミルクティーです。韓国・ソウルの本店では行列ができるほどの大人気で、去年の秋に本店がオープンするとわずか1年で7店舗にまで増えたそうです。上に乗っている「タルゴナ」は韓国の昔ながらのお菓子で日本でいう「カルメ焼き」のようなものです。紅茶用のエスプレッソマシーンで抽出したエスプレッソ紅茶をこだわりのミルクで割ってサクサクのタルゴナをトッピング。見た目も可愛い。“映え”そうです。