お問い合わせ

トップページ > KHBアナウンサー > 阿部美里 > ブログ記事一覧 > 050 本年もよろしくお願いいたします

阿部美里

阿部 美里

050 本年もよろしくお願いいたします

2019年01月07日


明けましておめでとうございます。

本年も皆さまにとって、笑顔溢れる一年になりますよう、お祈り申し上げます。

少しだけ近況をご報告させて頂きます。
一昨年の夏から産休・育休に入り、同8月に無事長男を出産しました。小さくてフニャフニャしていた我が子も、もう1歳4か月。

image1.jpeg


ずいぶん元気な(やんちゃな)子に育ってくれたので、中々大変です。まず、おとなしく座ってくれた試しがありません。
スペースがある限りノンストップで走り回り、ドアというドア全てを開けたがります。気づけば少しでも高い所へとよじ登り、
勝ち誇った顔をして、ヒヤヒヤさせてくれます。目に付いたものは全て「オレのもの」という精神の持ち主。
挨拶だけは比較的しっかり覚えてくれたのが今の救いです。


といった感じで、初めての育児に格闘する毎日ですが、学びと感動の連続でもあり、新しい世界を見せてくれる息子には
とても感謝しています。
復帰までの日々を息子と共に有意義に過ごしていきたいです。



さて、せっかくの更新ですので、阿部家の正月を少しご紹介。
数年前にもブログでご紹介しましたが、阿部家の年越しそばは、手作り肉中華!

image2.jpeg

鶏がらとたっぷりの野菜で煮込んだ醤油ベースのスープは、この透明感。雑味一切なしの正統派です。
肉は、山形県河北町名物「冷たい肉そば」のお肉。親鶏のモモ肉とムネ肉の2種類を醤油と少量のお酒で煮込んでいます。
親鶏はコリコリの歯ごたえと、噛めば噛むほどしみ出る旨みがたまりません。

ラーメンを食べる前後でみんながお肉をつまみ食いするので、年々作る量が増えています。


そして、新年は
おせち!
image3.jpeg


それと、山形名物「なっともづ(納豆餅)」を囲みます。
納豆餅は写真を撮る前に、我先にと食べてしまう失態(泣)
翌日こそは!と思っていたのですが、これまた先にお箸がのびてしまいました

我が家の納豆餅は薬味がたっぷりです。
長ネギ、大葉、かつお節を大量投入し、だし醤油をドボドボ。最後に大根おろし(絞り汁のみ)でスープ状にします。
今年は柚子も入れました。

食べる直前に熱々の餅を一口サイズで入れます。柔らかい餅で納豆を包みながら食べるのが私流。
(以前ナマイキTVでも特集しましたが、私の地域では納豆餅は食べ物ではなく飲み物だ!という仰天文化があります。
私は飲み物にできない派です)


ほら、写真がなくても想像できるでしょう?

って、できませんよね(..)
ごめんなさい。来年こそは写真とりますね。

少しだけ近況報告と言いながら、こんなにも長々と書いてしまい失礼しました。
長いこと現場を離れているので、無口な私もさすがにおしゃべりがしたかったようです。

おそらく桜の季節には復帰できていると思います。休んでいる間、できなくなっていることも増えているのだと思いますが、
その1つ1つを取り戻す過程も、愛おしく思える今日この頃。。。


テレビを通してまた皆さんと繋がれる日を楽しみにしていますね。
ご覧頂き、ありがとうございました。