お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース

KHBニュース

「振り込め詐欺」防ぎ 仙台銀行古川支店に感謝状 

2018年5月21日20時10分

ニュース画像

[画像をクリック]

振り込め詐欺を未然に防ぐことに貢献した金融機関に警察から感謝状が贈られました。感謝状が贈られたのは、仙台銀行古川支店です。仙台銀行古川支店は5月10日、「ATMのエラーで10万8千円が振り込めない」と窓口に来た70代の男性の振り込み理由を確認するなどして、振り込め詐欺の被害を未然に防ぎました。仙台銀行では全店舗で、今年の1月から70歳以上で3年以上振り込みをしていない利用者に対し振り込み制限をかけていたため、今回の被害防止につながりました。警察によりますと今年、宮城県内の振り込め詐欺の件数は4月末までで95件、被害総額は1億1355万円にのぼるということです。仙台銀行古川支店・佐藤弘保次長「ご高齢者の方に対しては、特に注意をさせていただいてまして、ご家族と相談の上きちんと確認している次第であります」。

宮城県教委 一部の高校で単位制導入やコース制廃止

2018年5月21日20時5分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城県教育委員会は平成31年度から、仙台二華高校に単位制を導入することや、富谷高校のコース制を廃止し、普通科にすることを発表しました。県教委によりますと生徒の学びの多様化や進路希望などに対応するため、仙台二華高校は、平成31年度から必修科目のほか希望する科目を選択できる単位制を導入します。また、富谷高校の3つのコースを廃止して、すべて普通科とし2年生から人文、国際、理数の3類型の中から一つを選択するようにします。また平成31年度、石巻地区では中学校の卒業生が減少することから、石巻工業高校の機械科を現在の2学級80人から1学級40人に減らします。この組織改編は現在の中学3年生から適用されます。

宮城・大和町 試験焼却のため廃棄物搬入

2018年5月21日19時58分

ニュース画像

[画像をクリック]

福島第一原発の事故で発生した放射性廃棄物の焼却に関するニュースです。宮城県大和町の焼却施設には5月22日から始まる試験焼却にそなえて放射性廃棄物が搬入されました。国の基準の1キロ当たり8000ベクレル以下の放射性廃棄物は、宮城県の方針で各地域ごとに処理することになっています。大和町の焼却施設では22日から放射性廃棄物の試験焼却を始める予定で、21日午後は汚染された牧草1トンが搬入されました。牧草は5月22日から5日間かけて1日1トンずつ一般ごみに混ぜて燃やす予定で、その後焼却施設周辺の空間放射線量などの調査が行われます。放射性廃棄物の試験焼却をめぐっては3月に仙南地域で始められています。

宮城・気仙沼市の防潮堤 知事改めて「現状のまま」

2018年5月21日19時53分

ニュース画像

宮城県が建設を進めている気仙沼市の防潮堤が計画より高く作られていた問題。21日、村井知事は定例記者会見の中で、高さを修正せずに現状のまま工事を進める方針を改めて示しました。気仙沼市内湾地区の魚町に建設中の防潮堤をめぐっては、震災後に土地が隆起したため高さを22センチ引き下げて建設される計画でしたが、宮城県の施工ミスで実際は引き下げられていませんでした。5月18日には、内湾地区の住民で作るまちづくり協議会の会合が開かれましたが、造り直しを求める協議会側に対し、村井知事は自らの責任を認め、謝罪したものの、現状のまま建設を進めるとしたため、住民からは不満の声があがっていました。「心のケアを優先させなければならないというお話をされましたけど、我々のこころのケアはどうなるのかと。」「結論ありきであったと、いままで話していたのは一体なんだったのかということになってしまいますので」「そんなに簡単なことでは無いと思います。知事が頭を下げれば済むという話では無いと思います。」。21日の会見で知事は改めて県側の責任を認め、施行ミスによって景観にどのような変化が生じているのかなど、イメージ画像を使いながら説明しました。村井知事「基本的にはこのまま工事を続けることをベースに何らかの地元に対する提案ができないかこれから考えていきたい。街づくりとセットなのでいつまでものんびりというわけにはいかない。いずれはどこかでやるということを、前に進めるということを意思決定しなければならないので、何度も何度も伺うことは不可能だが、もう一度来いということであれば伺いたいと思う。村井知事は現状維持で工事を進める理由について「すでに半分以上工事が進んでいる」こと、「時間がかかる」こと、「多額の費用がかかる」こと、「現状でも良いという住民が一定数いる」ことなどを挙げています。また、沿岸部に限らず県全体の復興を考えていく中で、安全性に問題があるわけではない防潮堤の造り直しに、限られた予算を使うことは県民全体からの理解を得られないとしています。村井知事「気仙沼のことを最優先で考えていることに間違いないがだから限られた財源を気仙沼にいくら投入してもよいということでも決してない」。村井知事は今後も住民側との会合を継続し、住民の理解を得て工事を進めていきたい考えです。

宮城・岩沼市 竹駒神社の御田植祭

2018年5月21日19時36分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城県岩沼市の竹駒神社では、五穀豊穣を祈る御田植祭が行われました。野口ちひろ「神社の境内にあるこちらの田んぼでは田植えが行われています。先ほど神様にお供えした苗を丁寧に植えています」。岩沼市の竹駒神社では毎年、五穀豊穣を願って境内にある穂徳田で田植えを行っています。21日は稲の豊作と作業の安全を祈願した後、宮城県農業大学校の学生48人が広さ5アールの穂徳田に「ひとめぼれ」の苗を手作業で植えました。田植えをした学生「神聖な場所なので、失礼のないように頑張って植えました」「すくすくと大きく立派に育って欲しいなと思っております」。竹駒神社・村田守広宮司「去年は天候が長雨だったり低温だったり大変だったが(今年は)大風、台風の被害もなく秋の恵みが得られるように心から祈念する」。21日、植えられた苗は9月の抜穂祭で収穫され、11月の新嘗祭で奉納されるということです。

宮城・亘理町長選挙 新人の山田氏が初当選

2018年5月21日11時55分

ニュース画像

[画像をクリック]

20日投開票が行われた亘理町長選挙は、新人の山田周伸さん(54)が初当選しました。任期満了に伴う亘理町長選挙は無所属の新人同士の争いとなり、みそ醸造業の山田周伸さん(54)が元町議会議員の高橋晃さん(47)をおよそ5000票差で破り初当選しました。山田さんは現在の町政を継続し復興の総仕上げを行うと訴えました。当選した山田周伸さんは「町の舵取り役として精一杯、わたくしの叡智と勇気と情熱をもって頑張っていきたいと思っております」と話しました。投票率は41.05パーセントで前回を下回り過去最低となりました。

旧優生保護法 不妊手術 宮城でも電話相談

2018年5月21日11時51分

ニュース画像

[画像をクリック]

旧優生保護法のもとで強制的に不妊手術を受けさせられた人たちへの電話相談が行われています。電話相談は今回で3回目で今年3月に行われた前回は県内で14件の相談がありました。今回は、20カ所増やし全国38ヵ所で電話相談を受け付けています。旧優生保護法をめぐっては、今月17日に県内では2人目となる70代の女性が国に損害賠償を求め提訴しています。また今月27日には全国の被害の実態を解明するため、全国弁護団が結成される予定です。電話相談はきょうの午後4時まで行われます。電話番号は022(263)5641です。

仙台・青葉まつり 本まつりの目玉「時代絵巻巡行」

2018年5月20日18時32分

ニュース画像

[画像をクリック]

新緑の仙台を彩る「仙台・青葉まつり」は20日、本まつりが行われました。鉄砲隊「放てー!」。今年で34回目となる仙台・青葉まつり。本まつりの20日は、仙台藩ゆかりの火縄銃が実演されたほか、祭りの目玉「時代絵巻巡行」が行われました。伊達政宗公や七福神などをかたどった大きな山鉾12基が、威勢の良い掛け声とともに市街地を練り歩きました。訪れた人「すごい躍動的ですてきです、本当に。はい」「20日は本当に天気良くて爽やかでですね。気候が良くて良かったと思います。本当に祭り日和で良かったですね」。主催者によりますと、19日と20日を合わせたまつりの人出は約90万人にのぼるということです。

宮城・石巻市の住宅で火事 男性1人死亡

2018年5月20日18時9分

ニュース画像

[画像をクリック]

20日午前、宮城県石巻市の住宅で火事があり、焼け跡から男性の遺体が見つかりました。警察や消防によりますと、20日午前10時半ごろ石巻市大街道北の今野秀俊さん(67)の住宅で「建物が燃えている」と付近の住民から複数の119番通報がありました。消防がポンプ車など9台で消火にあたり、火は約40分後に消し止められましたが木造平屋建ての離れが全焼したほか、母屋の一部も焼けました。この火事で、焼け跡から1人の男性の遺体が見つかりました。この家には今野さん夫婦と娘の3人が住んでいましたが出火当時、妻と娘は外出中でした。警察は夫の秀俊さんと連絡がとれないことから、遺体は秀俊さんとみて身元の確認を急いでいます。

宮城・村田町 「旧大沼家住宅」重要文化財へ

2018年5月19日18時12分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城県村田町の旧大沼家住宅が国の重要文化財に指定される見通しとなりました。旧大沼家住宅は江戸時代後期以降に紅花の取引や味噌、しょうゆの製造販売で栄えた豪商、大沼家の住宅です。「たな(店)」と呼ばれる店舗や表門などが表通りに面して建ち、敷地奥には土蔵が一列に並ぶなど、この地域の商家建築の特徴を色濃く残しています。建築時期も江戸時代から昭和初期にまで及び、東北地方の大規模商家建築の発展を理解するうえで高い価値があるとして、18日、文化審議会が重要文化財に指定するよう文部科学大臣に答申しました。指定されれば宮城県内における建造物の重要文化財としては22件目となります。