お問い合わせ

トップページ > ニュース・お天気 > KHBニュース

KHBニュース

仙台市へ提言 小中一貫教育を試験的に実施を

2019年1月18日18時53分

ニュース画像

[画像をクリック]

仙台市立の小中学校で小中一貫教育を試験的に導入するべき、という提言を有識者や学校関係者で作る委員会がまとめました。仙台市では、中学校進学で新しい環境になじめず学習意欲が低下したりするいわゆる「中1ギャップ」を解消しようと、小中学校の連携のあり方を検討する委員会を設置し検討を続けてきました。有識者や学校関係者らで作る委員会は18日、最後の会合を開き、提言をまとめました。提言では、試験的にモデル校を決め9年間を通した小中一貫教育のカリキュラムを作り実施することなどを求めています。この提言は3月、市の教育委員会に提出され、具体化に向けた検討が始まります。

宮城・2018年の自殺者393人 4年連続の減少

2019年1月18日18時53分

ニュース画像

[画像をクリック]

2018年に自殺した人の数は宮城県内では393人と前の年より6%減りました。4年連続の減少です。厚生労働省のまとめによりますと、2018年に自殺した人の数は県内では393人で、2017年より25人・率にして6%減り、4年連続の減少となりました。人口10万人当たりでは16.9人で全国平均の16.3人を若干、上回りました。なお、全国で自殺した人は2万598人で前の年より3%ほど減り9年連続の減少です。また、東日本大震災に関連する自殺者も集計していて、2018年1月から11月までに全国で9人県内では3人でした。

宮城・宮城丸 「暴力行為」教育長と船長が謝罪

2019年1月18日18時29分

ニュース画像

[画像をクリック]

宮城水産高校と気仙沼向洋高校の生徒が航海実習に臨む「宮城丸」の乗船式が行われました。宮城丸を巡っては去年、生徒が指導役の乗組員から暴力を受けていて式では教育長や船長が謝罪しました。県教育委員会は去年10月からの航海実習で指導役の県職員の乗組員2人による生徒への暴力行為を確認しています。このため今回の実習にはこの2人を参加させず、処分を検討しています。県教育委員会・高橋仁教育長謝罪「大きな心配や不安を与えることなったことに対しこの場をお借りして深くお詫び申し上げます」。18日の乗船式で県教育委員会の高橋仁教育長は「教育委員会と宮城丸、学校が一体となって再発防止に万全を尽くす」と謝罪しました。また、宮城丸の日野浩之船長は「信頼回復に努めたいと」述べ保護者に深く頭を下げました。実習に参加する生徒「今は不安じゃないので元気に行ってきます」「不安は大丈夫です、みんなと仲良く頑張りたい」。生徒に話を聞くと暴力などについて「不安は無い」との声が聞かれました。今回実習に参加するのは24人でハワイ沖でマグロはえ縄漁などの実習に臨んだ後3月15日に気仙沼に戻ります。

宮城・女川原発1号機水漏れ 作業マニュアルに誤り

2019年1月18日18時22分

ニュース画像

[画像をクリック]

女川原発1号機で配管などから水漏れしていた問題です。東北電力は、作業マニュアルに誤りがあったためと原因を発表しました。これは12月4日、女川原発1号機の原子炉建屋で制御棒駆動装置の冷却に使われる約900リットルの水が配管などから漏れ出たものです。18日、東北電力は記者会見を開き配管の水抜きと水張りの作業手順が去年11月に変更されたにも関わらずマニュアルに反映しておらず、閉めるべき配管の弁を閉めずに作業したことが原因と説明しました。東北電力では、「最新のマニュアルに更新する際のルールを新たに設け再発防止に努める」としています。

宮城・118番通報の日「正しい利用」呼び掛け

2019年1月18日11時54分

ニュース画像

[画像をクリック]

海保の職員が118番通報の正しい利用を呼びかけました。118番は海での事件や事故などを通報する緊急通報用の電話番号で、JR本塩釜駅では宮城海上保安部の職員が正しい利用を呼びかけました。第2管区海上保安本部には去年1年間で約1万8000件の通報がありましたが、このうち事件や事故の通報は139件で99%以上が間違いやいたずら電話でした。宮城海上保安部の小林夕記さんは「海で事件事故などが発生した際に、非常に重要な情報ツールなので、無用な使用は避けてください」と話していました。また、2管本部では118番の認知度不足を課題としていて今後もPRに努めたいとしています。

宮城・うその110番容疑で男性書類送検

2019年1月18日11時50分

ニュース画像

[画像をクリック]

東松島市のコインパーキングで強盗の被害に遭ったと、うその110番通報をしたとして30代の男性が軽犯罪法違反の疑いで書類送検されました。書類送検されたのは、コインパーキングの集金係りをしていた塩釜市の男性(38)です。警察によりますと男性は、去年11月東松島市矢本のコインパーキングで110番通報し「男にナイフのような物を突き付けられて現金およそ180万円を奪われた」とうその申告をしたとして軽犯罪法違反の疑いが持たれています。男性の話す内容につじつまが合わない点が多くあり、警察が追及したところ「嘘をついた」と打ち明け自作自演が発覚しました。警察の調べに対し男性は「売り上げ金の私的利用をごまかそうとした」と容疑を認めているということです。

仙台市役所 本庁舎建て替え 1棟?2棟?結論出ず

2019年1月17日18時51分

ニュース画像

[画像をクリック]

仙台市役所本庁舎の建て替えについて、基本計画を議論する委員会の2回目となる会合が開かれました。新たな本庁舎の建物の棟数について検討されましたが、結論には至りませんでした。会合では新しい庁舎の規模について、にぎわい創出のためのイベントスペースなどを含め床面積およそ6万6000~7万8000平方メートルとする方針が市側から示されました。そのうえで、建物の棟数について地上19階程度の高層建物1棟にするか地上13階程度の2棟にするかが検討されましたが、周りの景観への配慮など詳細な検討を続けるべきとの意見が出され、結論には至りませんでした。委員会では建物の棟数やデザインなどについて検討を続け、今年中に基本計画をまとめる予定です。

宮城・薬物売買で埼玉の男が再逮捕 売上は数千万円

2019年1月17日18時47分

ニュース画像

[画像をクリック]

SNSを利用して覚せい剤などの薬物を取り引きし、不当な利益を得たとして埼玉県の男が再逮捕されました。警察によりますと埼玉県越谷市の無職、長嶋政儀容疑者は(31)去年10月、SNSやフリマアプリを使って覚せい剤やコカイン、合わせておよそ1グラムを客に販売したり大麻およそ100グラムを仕入れたりしたとして麻薬特例法違反と大麻取締法違反の疑いが持たれています。長嶋容疑者は容疑を認めています。長嶋容疑者の口座には去年7月から10月までの間に、県内の男性を含むおよそ800件の振込みがあったことが確認されていて、売り上げ額は数千万円に上るとみられています。

宮城・インフルエンザ警報発表 学級閉鎖相次ぐ

2019年1月17日18時45分

ニュース画像

[画像をクリック]

インフルエンザの流行が拡大しています。去年より2週間早くインフルエンザ警報が出されました。学級閉鎖の数も大幅に増えています。県によりますと13日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数は2779人と、前の週の4倍以上に増えました。1医療機関あたりの患者数は気仙沼保健所管内が48.50人と最も多く仙南で42.38人、石巻で37.38人と警報の基準である30人を大きく超えました。このため県はインフルエンザ警報を県内全域に発表しました。またインフルエンザによる学級閉鎖は88校184クラスと、16日に比べ10校20クラス増えました。県は引き続きうがい手洗いなどの感染予防を徹底するほかワクチンを接種している人は症状が軽い場合もあるが疑いがあるときは医療機関を受診するよう呼びかけています。

宮城・未明の住宅火災で女性1人死亡

2019年1月17日11時53分

ニュース画像

[画像をクリック]

17日未明、宮城県大崎市で住宅が焼ける火事があり、この家に住んでいたと見られる女性が死亡しました。17日午前4時半ごろ、大崎市古川栄町の住宅から火が出ていると、近所の住民から消防に通報がありました。火は約2時間後に消し止められましたが、住宅の1階から高齢の女性が心肺停止の状態で見つかり午前6時過ぎ、搬送先の病院で死亡が確認されました。近所の人「煙が凄かった。中から鍵がかかってたみたいで、煙を吸ったみたい」。警察は亡くなったのはこの家に1人で暮らしていた女性とみて身元の確認を急ぐと共に、出火の原因を調べています。