お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > 番組向上の取り組み > 番組審議会 > 第42期 番組審議会議事概要 > テレメンタリー2017 「3・11を忘れない71 神戸~宮城~熊本 教訓のバトン」ほか

テレメンタリー2017 「3・11を忘れない71 神戸~宮城~熊本 教訓のバトン」ほか

開催日 平成29年6月28日(水曜日)

テレメンタリー2017 「3・11を忘れない71 神戸~宮城~熊本 教訓のバトン」ほか

 6月28日(水)午前10時30分からKHB本社で第429回東日本放送番組審議会が開かれテレメンタリー2017「3・11を忘れない71 神戸~宮城~熊本 教訓のバトン」(2017年5月30日 25:56~26:26放送)について審議しました。
 この番組は震災で壊れてしまったコミュニティを再び構築していくために、神戸、宮城、熊本と「教訓のバトン」を受け継いでいく人々を描きました。
 委員からは「被災地のコミュニティについて考えるきっかけになった」「被災地の放送局だからこそできる問題提起だった」「神戸、宮城、熊本での活動を取り上げていたので構成に深みが出ていた」との評価がありました。
 一方で「受け継がれていく教訓について、詳細に説明して欲しかった」「内容はまとまっていたが、もう少し掘り下げて説明や描写をする部分があっても良かった」「視聴者をひきつけるような演出や構成の工夫が欲しかった」という意見が出されました。
 番組担当者は「被災地のコミュニティ作りの重要性を考えるために制作しました。今日いただいたご意見を今後に活かしていきます」と語りました。