お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > 番組向上の取り組み > 番組審議会 > 第44期 番組審議会議事概要 > ほっとネットとうほく「ひろがれ!アマモの海~松島湾「海のゆりかご」復活大作戦!!~」

ほっとネットとうほく「ひろがれ!アマモの海~松島湾「海のゆりかご」復活大作戦!!~」

開催日 2019年1月23日(水曜日)

ほっとネットとうほく 「ひろがれ!アマモの海~松島湾「海のゆりかご」復活大作戦!!~」(2018年12月30日放送)

 1月23日10時30分からKHB東日本放送本社で、第444回東日本放送番組審議会が開催され、ほっとネットとうほく「ひろがれ!アマモの海~松島湾「海のゆりかご」復活大作戦!!~」(2018年12月30日放送)について審議しました。
 委員からは「海の生態系にとって重要な存在でありながら、あまり知られていないアマモに焦点をあてたいい番組だった」「アマモの再生活動について説明されていたが、他地域の取組みや美しい海の映像を交えながら紹介されていて、非常に見応えがあり分かりやすかった」「幅広い世代の人が楽しめる番組構成だった。この番組を多くの人に見ていただき、海を守ろうという気持ちになってほしい」という評価がありました。
 一方で「なぜ松島湾でアマモの再生が必要なのかについて、詳しく説明をしてほしかった」「アマモと海藻の違いについて、もっと丁寧な説明をしてほしかった」「アマモの再生活動に参加するための情報も紹介すると、もっと活動が広がるのではないか」という意見が出ました。
 番組担当者は「アマモの存在や役割、再生活動の状況について、子供や若者にも楽しく伝えて感心を持っていただく事をテーマに、番組を制作しました。長い期間をかけての再生活動になるので、いただいた意見を真摯に受け止め、これからも継続して取材や番組制作をしていきたいと思います」と語りました。