お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > 番組向上の取り組み > 番組審議会 > 第44期 番組審議会議事概要 > テレメンタリー2019 「のれんを下ろす日~人情親父 仙台最後の屋台~」

テレメンタリー2019 「のれんを下ろす日~人情親父 仙台最後の屋台~」

開催日 2019年2月27日(水曜日)

テレメンタリー2019 「のれんを下ろす日~人情親父 仙台最後の屋台~」(2019年2月5日放送)

 2月27日10時30分からKHB東日本放送本社で、第445回東日本放送番組審議会が開催され、テレメンタリー2019「のれんを下ろす日~人情親父 仙台最後の屋台~」(2019年2月5日放送)について審議しました。
 委員からは「親方の人間味のある人柄や、人とのつながりの大切さがよく伝わり、自分の人生を振返るきっかけになる番組だった」「屋台がなくなる前に番組で紹介していただいてよかった。是非行ってみたいと思う内容の番組だった」「昔の写真や、様々なアングルからの映像があり、いろいろな表情を見ることができた」という評価がありました。
 一方で「なぜ屋台が1つに減ってしまったのか、街作りの考え方について詳しく知りたかった」「家族の方のお話も聞きたかった」「親方が屋台を始めた経緯や、苦労した事などについて、もう少し詳しく知りたかった」という意見が出ました。
 番組担当者は「屋台を54年間継続している親方の生き様や、仕事を通じて世間とつながるという生活をリアルに伝えたかった。いただいた意見を真摯に受け止め、これからも継続して取材や番組制作をしていきたいと思います」と語りました。