お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > プレスリリース > KHB東日本放送開局40周年記念 よみがえる国宝 瑞巌寺 ~平成の大修理 100年先に繋ぐ匠の技~

KHB東日本放送開局40周年記念 よみがえる国宝 瑞巌寺 ~平成の大修理 100年先に繋ぐ匠の技~

KHB東日本放送開局40周年記念
よみがえる国宝 瑞巌寺 ~平成の大修理 100年先に繋ぐ匠の技~

 KHB東日本放送(本社:仙台市青葉区)は、宮城県が誇る松島の国宝・瑞巌寺の大規模な修復工事の様子を、8年にわたり追いかけた番組を放送します。
 およそ400年前、伊達政宗が豪華絢爛な安土桃山文化を反映させて創建した瑞巌寺。これまで何度も修復されてきましたが、基礎の地盤沈下が進んでいる部分もあり、国宝という文化財としての価値を鑑みて2008年から10年の歳月をかけて保存修理事業が行われています。
 番組では、無いと思われていた創建当時の鬼瓦の発見など、修復工事を進めていく中で明らかになった事実を紹介。また、次の100年に繋ぐ修復工事での職人技の数々や創建当時の欄間の彩色を色鮮やかに再現した「桃山文化の美」をお伝えします。

放送日時
2016年3月26日(土)午前10時30分~午前11時29分
番組名
「よみがえる国宝 瑞巌寺 ~平成の大修理 100年先に繋ぐ匠の技~」
ナビゲーター
村井美樹(女優)
ナレーション
山寺宏一(声優)
取材リポート
松本龍(KHBアナウンサー)
制作著作
KHB東日本放送
放送エリア
宮城県内のみ
img01.jpg
本堂 室中孔雀の間での撮影風景