お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > プレスリリース > 映画「殿、利息でござる!」興行収入13億円突破!

映画「殿、利息でござる!」興行収入13億円突破!

「殿、利息でござる!」興行収入13億円突破!

 KHB東日本放送(本社:仙台市)が開局40周年記念事業の一環として製作した映画「殿、利息でござる!」(監督:中村義洋/配給:松竹)の興行収入が、9月4日現在で13億円を突破しました。
 5月14日に全国公開(宮城県では5月7日先行公開)し、6月に観客の動員数が100万人を突破しましたが、宮城県での観客動員は15万人を超えています。地元での盛り上がりが大ヒットに繋がりました。公開から4ヶ月が過ぎようとしている宮城県内では、現在も4館でロングラン上映されています。

興行収入
13億円
観客動員
109万人

(宮城県内の観客動員)
観客動員
15万人
全国シェア
13.6パーセント

ストーリー

金欠の仙台藩は百姓町人へ容赦なく重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。
さびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿で、故郷の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。
それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。三億円相当の大金を水面下で集める前代未聞の頭脳戦が始まった。
「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟”を自らに課しながら、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ人のために私財を投げ打ち悲願に挑む!
『武士の家計簿』の原作者が取材した実話を基に、『ゴールデンスランバー』『白ゆき姫殺人事件』の監督が贈る痛快歴史エンターテインメント超大作。

作品概要

原作
磯田道史『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」(文春文庫刊)
出演
阿部サダヲ  瑛太  妻夫木聡  竹内結子  松田龍平  他
監督
中村義洋
制作
松竹、東日本放送
製作
「殿、利息でござる!」製作委員会
配給
松竹
公開
2016年5月14日 ☆宮城県内では5月7日から先行公開
クレジット
©2016「殿、利息でござる!」製作委員会
撮影
2015年7月6日~8月末
撮影地
山形、宮城、ほか
公式HP
http://tono-gozaru.jp/