お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > プレスリリース > 「ぐりりの森」宮城県と 協定・命名権を更新~ 森づくり11年目へ ~

「ぐりりの森」宮城県と 協定・命名権を更新~ 森づくり11年目へ ~

「ぐりりの森」
宮城県と 協定・命名権を更新~ 森づくり11年目へ ~

宮城県・村井嘉浩知事(左) KHB・佐藤吉雄代表取締役社長(右) 4月16日 宮城県庁

宮城県・村井嘉浩知事(左) KHB・佐藤吉雄代表取締役社長(右)
4月16日 宮城県庁


ぐりりの森イベント  2018年9月・宮城県利府町

ぐりりの森イベント 2018年9月・宮城県利府町

 KHB東日本放送は、2009年に宮城県利府町の県有林およそ4.25haの命名権を取得、マスコットキャラクターにちなんで「ぐりりの森」と名付け、視聴者が参加しての森林整備活動やイベントを行っています。
 このほど、5年ごとに宮城県と結んでいる「ぐりりの森」関連の「わたしたちの森づくり実施事業協定」および「命名権契約」を更新し、4月16日(火)に村井嘉浩宮城県知事から佐藤吉雄代表取締役社長に宮城県庁で契約書が手渡されました。
 「ぐりりの森」の活動は、協定と契約の更新を重ねて11年目を迎えました。当初は「ほぼ手つかず」の森でしたが、NPO法人宮城県森林インストラクター協会のサポートを受けて遊歩道などの整備を続け、10年が経過した今では見違えるほどの豊かな森になりました。KHBでは、視聴者が参加しての森林整備活動やイベントを今後も継続し、森林保護の大切さを呼びかけていきます。