お問い合わせ

トップページ > 東北の聖地を訪ねて

main_img.jpg

4月10日(土曜日)放送 福島県 会津絵ろうそくまつり ~城下町に灯った希望の光~ ※字幕放送対応

今回は、夜の城下町を美しく彩った“会津絵ろうそくまつり“を紹介します。
天守閣を妖しく染めた絵ろうそくの数はおよそ一万本。人々がいろいろな願いを込めて一本ずつ丁寧に火がつけられます。

会津でろうそくに絵が描かれるようになったのは、今からおよそ400年前。
参勤交代の際に絵ろうそくを献上したところ、将軍に喜ばれ、絵ろうそくは広く世間に知られるようになりました。
また、花のない冬の間、会津では花の代わりに絵ろうそくを仏壇に供えたと言われています。

多くの人で賑わった会津絵ろうそくまつり。ろうそくの炎を見ていると心まで温かくなってきます。

  • 2104_01.jpg
  • 2104_02.jpg
  • 2104_03.jpg
  • 2104_04.jpg
  • 2104_05.jpg
  • 2104_06.jpg
  • 2104_07.jpg
  • 2104_08.jpg
  • 2104_09.jpg
  • 2104_10.jpg
  • 2104_11.jpg
  • 2104_12.jpg


縄文以来の歴史をもつ東北。
旅するものを温かく迎えてくれる東北の聖地は、訪れる人が、新たな自分に出会える場所でもあります。

番組では日本古来の精神性と文化が脈々と受け継がれてきた東北の聖地を訪ねます。

神社仏閣、古代遺構・遺跡、有形・無形の民俗文化財、修験場、歴史的建造物、文化遺産などを、詩情豊かなナレーションでご紹介します。


東北の聖地


募集はこちらから