お問い合わせ

トップページ > KHBアナウンサー > 上野比呂企 > ブログ記事一覧 > 010 Hanoi

上野比呂企

上野比呂企  記の向くまま

010 Hanoi

2019年03月07日

先月、9日間の休暇をもらって東南アジアを旅してきました!

10p1.jpeg 

最初に行った国はベトナムの首都ハノイ。

10p2.jpeg

ここ最近では米朝首脳会談が行われた場所ですが、僕が行ったときは2月上旬。ちょうど旧正月期間中のため街中はお祝いムードで多くの人たちがお寺などに足を運び賑わっていました。

10p3o.jpeg 

そんなハノイの街中を終日散策して楽しみました。

10p3.jpeg 

ベトナムは南北に細長く伸びたような形をしていて、経済の中心である南部の都市ホーチミンに対し、首都ハノイは政治と文化の中心です。ハノイ市街地の中心にあるホアンキエム湖の周辺は古き都の風情が楽しめる「旧市街地」と呼ばれており、このエリアでは青々と茂る街路樹とフランス・パリ風のモダンな街並みなどを見ることができます。19世紀まで一大商業エリアとして栄え、世界遺産にはなっていませんがベトナム政府が管轄する指定遺産となっているため建て替えが行われず当時の姿を楽しむことができるんです。

10p5.jpeg 

そんな街中を早速朝方から散策中、屋台でたくさんの人が何かを食べています。

10p6.jpeg

そう、朝ラー(朝のラーメン)です笑。見ていたらどうしても食べたくなり、僕も皆さんと混ざって朝ラー笑!一杯5万ドン(約240円)で、あっさり塩ベースのスープに中細麺やパクチー、水餃子、ニラ、卵などたくさん入っておりおいしかったです!

 10p7.jpeg


10p8.jpeg

次に向かったのは、旧市街地のシンボル「ハノイ大教会(聖ジョセフ大聖堂)」。この周辺はおしゃれなカフェや雑貨屋さんなどが多いエリアです。歴史を感じる荘厳な教会を見ながらおいしいベトナムコーヒーを堪能!贅沢なひとときでした笑

10p9.jpeg 

そして、さらに歩くとベトナム政府機関がある場所のすぐ南側でまたも多くの人が何かを食べています!

10p10.jpeg

そう、今度はベトナムの代表的な麺料理のフォーです!

あっさり塩ベースのスープに米粉でできた平たい麺、肉、ネギ、ニラ、パクチーなどが入っていて特に人気店の「フォーチン」では1杯6万ドン(約290円)で食べることができます。お好みでスダチなどかんきつ類を絞ってスープに混ぜるとよりさっぱり度合いが増し違った味を楽しめます、こちらもおいしかったです。

10p11o.jpeg 

最後はハノイ駅から北東に400mほどのエリアにあるハノイストリートトレインです!ここはなんと旧市街地の中を縫うように列車が走るエリアで、民家と民家の間に線路があるんです笑!

10p12.jpeg

日本国内では鉄道営業法で線路に立ち入ることは法律で禁じられていますが、ベトナムでは列車の進行を妨げず周りに気を付けていればオーケーとのことで多くの観光客でにぎわっていました。列車が通過しない時間帯と分かっていても線路に立ち入ることはものすごく違和感で終始ソワソワする気分でした…汗

10p13o.jpeg

線路を囲む古き街並みを眺めながらベトナムビール!
レトロでオシャレな風景を眺めながら線路沿いに構える喫茶店で飲むビールは格別でした!

とにかく歩き回った1日でしたが、ある程度の移動はタクシー・バイクの配車アプリのGRABを利用して何とか行きたいところを回りきることができました。

 

ちなみに、日本では今年の干支はイノシシ年ですが、中華圏はイノシシ年ではなくブタ年なんですよー。

10p14.jpeg

短い滞在でしたがハノイをたっぷりと満喫できた濃い1日でした。


そして夕方には、飛行機に乗って次なる目的地へ!

どこへ行ったかは…?? 次の日記でご確認ください^^