お問い合わせ

トップページ > 会社案内 > 番組向上の取り組み > 番組審議会 > 第42期 番組審議会議事概要 > 「スーパーJチャンネルみやぎ」

「スーパーJチャンネルみやぎ」

開催日 平成28年10月26日(水曜日)

議題「スーパーJチャンネルみやぎ」

 10月26日午前10時30分からKHB東日本放送本社で、第422回東日本放送番組審議会が開催され、「番組種別」について報告をした後、「スーパーJチャンネルみやぎ」について審議しました。
 「スーパーJチャンネルみやぎ」は平日18:15から放送している自社制作番組で、今回の審議対象は10月7日に放送されたものです。委員からは「硬いニュースと柔らかい話題がバランス良く構成されていた」、「宮城出身のプロ野球選手を追った企画は、取材したアナウンサーとの信頼関係が感じられ、選手が人間的に成長した姿が引き出されていた」、「KHBと朝日新聞仙台総局の共同企画は、普段のニュースとは違う切り口で構成されており興味深かった」という意見が出ました。
 一方で「この番組の副題である『キニナル』という字幕が出ていたが、どういう意味が込められているのか分かりにくかった」、「テレビ局と新聞社が共同制作する企画なのであれば、その利点をもっと明確に打ち出した方が良い」という意見が出ました。
 番組担当者からは「4月にリニューアルし、週末感を出してリラックスして視聴できるニュース番組を目指している。朝日新聞との共同企画は、テレビと新聞の長所をより生かしたものに発展させていきたい。今日いただいたご意見を活かし今後もよりよい番組を制作していきたい」と語りました。