お問い合わせ

トップページ > KHBアナウンサー > 重信 友里 > ブログ記事一覧 > 014 思い出の一冊

重信 友里

重信 友里 Watching SHIGEtting!!

014 思い出の一冊

2019年03月12日

先日、KHBの近くにある仙台文学館にて
読み聞かせを開催しました。

夏に行われた「文学館まつり」以来2度目の読み聞かせ。
前回は、子どものころ大好きだった『ぐるんぱのようちえん』をチョイス。


私の絵本選びの基準は、
”子どもたちと絵本の世界観を共有できるか”ということ。

物語には作者が伝えたいメッセージが込められています。

しかし聴いている子どもたちの年齢は、
すっかりお兄さんお姉さんな子どもから、そうでない子までバラバラ。

全ての子どもたちに楽しんでもらうには、なにより世界観が大切と感じています。

今回選んだ絵本は…

『きつねのおきゃくさま』

IMG_7736.JPG


主人公は肉食でこわいキツネ
ある日出逢った痩せているヒヨコ・アヒル・キツネを太らせて食べてしまおうという
ひやりとするお話です。

実は私にとって、思い出の物語なんです。

小学2年生の学芸会の演目でした。
この時演じたのは”白い精”というキツネのやさしさを信じる語り部。

🎵きつね~は~やさし~い~しんしです~🎵

という劇中歌は今も鮮明に覚えています。
そのほかのセリフはまっっったく覚えていなんですけどね(笑)


このお話で大切にしたのは「キツネの心情」。
先輩方から多くの助言をもらいながら、
自分なりに向き合いました。

IMG_5664.JPG


読み聞かせのときに意識していること
それは…
”子どもたちの表情をしっかりとみること”

子どもたちの反応は本当に素直です。
じっくりと聞いている姿をみていると気合いが入ります。

IMG_5665.JPG


本を読み終えたとき、
会場が少しだけ温かくなったように感じました。

いつか子どもたちが大きくなった時に、
「そういえばこんな話聴いたなぁ」と思い出してくれるといいですよね。

私も小さいときはよく絵本を読んでいました。
母に読んでもらったり、妹と読んだり…

今でも覚えている絵本は
『かいじゅうたちのいるところ』

ある日の晩、主人公の男の子が怪獣の国の王様になる…
というお話です。

個性的な怪獣が多く描かれていて、絵をみているだけでワクワクします。


皆さんにも思い出の一冊があると思います。
たまには図書館や本屋さんで、
手に取ってみてはいかがでしょうか??

あの時感じたことや、大人になって感じることなど
新たな発見があるかもしれません。

ちなみに私は無心で読み進めてしまいます(笑)


IMG_5694.JPG
(応援に駆けつけてくれたぐりり~ずと!!)


今度実家に帰ったときに
私の部屋の本棚で眠っている絵本たちを
読み返してみようと思います♪