お問い合わせ

トップページ > KHBアナウンサー > 吉岡伸悟 > ブログ記事一覧 > 114  希望の年に!

吉岡伸悟

吉岡 伸悟

114  希望の年に!

2014年01月01日

あけましておめでとうございます。

今年も『スーパーJチャンネルみやぎ』を通して
皆様にお目にかかります。
震災から早くも4年目の年、
復興にはまだまだ長い道のりの途上にあります。

今年がよりよい一年になるよう
少しでも役に立つ情報を
しっかりとお伝えしていきたいと思います。

希望の年に

さて、去年はとっても慌しい年末になりました。
妻の出産が予定日より2週間以上早い先月28日でした。

社内の皆さんおよび、「まもなく家族が増えます」
なんて書いてしまった年賀状が届く知人もいるので
この場を借りて報告させて頂きます。

  • 年末の報道特別番組前日の夜
    日付としては当日になった日(金曜日)夜中、
    破水し病院に向かう。
  • 夜明け前に一旦家に帰って会社に行き、特番。
  • その後の夕方のニュース(Jチャンみやぎ)は、
    報道部の皆さんのご好意により松本アナウンサーに
    急遽代わっていただき病院へ。
  • 早ければその日のうちと思われたが翌日に持ち越す。
  • 翌28日(土曜日)朝、陣痛の頻度が高まり分娩室に入る。
  • しかしその先も長引き、私もずっと分娩室にいて
    いろいろあって、詳細は割愛しますが、 
    とにかく大変な状態が続き、
    陣痛のたびに腰を押したりして応援する。

    陣痛の強さを表示する機械
    なんていうものもあるんですね。

  • 妻もほぼ余力がなくなりかけ
    日も暮れかかる午後4時過ぎ、
    医師・看護師・助産師の見事な連携プレーにより
    ようやく出産しました。

その間、
他の分娩室で懸命に戦う妊婦さんの
本当に苦しそうな声も聞こえてきました。
いやいや、
分娩室に10時間もいることになるとは思いませんでした。

全ての「お母さん」に、
出産の数だけ大変な経験があるのだと思いました。

こうして授かった命は、自分の命も、人の命も
決しておろそかにしてはいけない、
命を軽んずるような世の中には
絶対にしてはいけないものだと強く感じたのです。

2014年、皆様にとってよい年になりますように。