お問い合わせ

トップページ > KHBアナウンサー > 吉岡伸悟 > ブログ記事一覧 > 126 アナウンサー説明会

吉岡伸悟

吉岡 伸悟

126 アナウンサー説明会

2015年11月04日

ちょっと遅くなりましたが、、、
10月23日(金)に「ANN系列東北ブロックアナウンサー合同説明会』を開催しましたので
報告します。


DSC_7552.jpg


会場は東京のアナウンス学校「テレビ朝日アスク」、アナウンサーを目指す学生100人以上が集まりました。
(主に来年度就職活動をする大学3年生が対象です)

ANN系列の東北6局(青森朝日放送・秋田朝日放送・岩手朝日テレビ・山形テレビ・福島放送とKHB)の
アナウンサーが、それぞれ局の番組やアナウンサーの業務を紹介したほか
どのようなアナウンサーを求めるか?といった話をしました。
一つの教室に入りきらないので2回に分けて説明しました。

去年に続き2回目の開催。
6局もの放送局による合同の説明会は全国的にみても珍しいのではないでしょうか。
各局とも現役のアナウンサーが参加するので学生にとっても貴重な場になったと思います。


KHBからは渋佐アナウンサーと私が出席。
(放送現場とは別の、こうした採用関連の仕事もやっているんですよ)


渋佐アナが、入社以来2年半の経験を話しました。
「ナマイキ」「ナマサタ」など各番組のロケや中継のほか、
ベガルタ仙台レディース取材では全国を駆け回っていること、
ベガルタ中継ではピッチサイドリポーターを担当していること、
さらに現在は「スーパーJチャンネルみやぎ」のキャスターを務め、企画提案・取材もしていること、
また楽天が優勝した2年前にはパブリックビューイング中継に特番、
大雪では全国放送での中継、
震災特番に仙台七夕、光のページェント中継、各種イベント、
紅葉を伝えるヘリリポート・・・・と
具体的に仕事内容を伝えました。


しかしこうしてみると、一人のアナウンサーが担う仕事の幅がとても広く多いですね。

そして、
宮城はいかに(プロ)スポーツが充実していることか!!と改めて気づきます。
多くの学生から説明会の感想をもらっていますが、
とりわけスポーツアナウンサーを志す学生には魅力的な地区に映っているようです。
東北唯一の100万都市かつ東北の中心都市であることとあわせ仙台の潜在力は大きいと感じます。


とはいえ、
全国の「大都市」と比べればコンパクトで、都市と田舎が程よく同居した暮らしやすい街ですよ!!!
とも伝えておきました。

学生達はとても熱心で、
どんな練習をしたらよいか?とか
この時期何をしておくべきか?  などといった質問や
地元出身でないと採用しないのか?(そんなことは全くありません)
といった採用についての質問も多く出て
予定時間を大幅に超えて説明会を終えたのでした。


しかし熱意ある学生と話すのはとても楽しいものです。
こうした中から全国各地のアナウンサーが生まれます。
KHBに高い関心を持ってくれた学生も多くいましたが、どんな縁が生まれるかも楽しみです。


放送の世界にエネルギーをもたらす元気なアナウンサーが数多く生まれることを期待しています!!


【なおアナウンサー試験やセミナーに関連するさまざまな話題を、KHBホームページやアナウンサーブログ、
KHB公式フェイスブック等でお知らせしていきますので、ときどきご覧ください】