お問い合わせ

トップページ > khbアナウンサー > 吉岡伸悟 > ブログ記事一覧 > 152 気仙沼へGO

吉岡伸悟

吉岡 伸悟

152 気仙沼へGO

2021年03月13日

震災から10年がたちました。

開通したばかりの三陸沿岸道路・気仙沼湾横断橋を早速走りました。
様々な意味で10年の月日が過ぎたことを実感します。

 IMG_0753osima4.JPG

気仙沼大島から見た横断橋


景色がとても素晴らしい!!

瀬戸大橋やしまなみ海道、関門大橋、横浜ベイブリッジなど、海をまたぐ橋をこれまでいくつか通っていますが、そのどれとも違い、そのどれよりも印象的な風景と思いました(※個人の感想です)。

太平洋の外海から数キロ入った気仙沼湾を南北にまたぐ全長1344m、
特に美しい造形の斜張橋の海上部680mの大きな橋です。

仙台から北上して走ると、徐々に橋が見えてきます。
その昔、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを走ったのですが、
その時と同じ「近づいてくるぞ!」という興奮を覚えました。
地上部分の景色も似ているような記憶が。

景色は、想像をはるかに超える素晴らしさでした!

左手には気仙沼の街が見渡せます。手前に震災後整備された水産加工工場群、その先に魚市場をはじめとする市街地、さらに漁船の数々。それを包むような山並み。

もっと海だけが見えるかと思っていたので、「街」を俯瞰できることに驚きました。

対照的に右側は海と沿岸の緑、遠く太平洋を望む雄大な風景です。

 IMG_0754osima5.JPG

これは大島大橋 これも美しい

橋を渡ってまもなく下りると、5分とかからず大島。
2年前に開通した大橋を渡ります。

気仙沼中心部からとは反対側から見る横断橋もよいですよ。
光が順光であたり大きく見えて、自然の風景の中で存在感があります。

IMG_0751osima3.JPG 

IMG_0749osima6.JPG

上)気仙沼大島の海岸  下)島内の道路、周辺は工事が目立つ


10数年前に大島に来たときは、東北道経由&遊覧船で4~5時間かかったのが
半分ですから驚きます。

まだ島のあちこちで工事が続いていますが、
今年の朝ドラの舞台でもあり注目を集めること必至の場所です。




 IMG_0758bousai.JPG

防災対策庁舎 南三陸町震災復興祈念公園として整備されている 


帰りに志津川にも立ち寄りました。

日帰りで簡単にこれだけ訪れることができるとは!
震災10年の変化を感じるドライブです。