東日本放送番組審議会議事概要

開催日 平成13年10月31日(水)
議題 「たけし・所のWA風が来た!」について

 東日本放送の番組審議会が10月31日開催され、毎週火曜日午後八時から放送している「たけし・所のWA風が来た!」の合評を行った。
  この番組は今年4月に始まったが、この10月からリニューアルされている。  

  合評では、「厳しい経済状況の中で、日本人を元気づけようという番組意図は随所に出ている」「主に料理をテーマにパロディー風に仕立てているが、題材をまじめに仕込んでいる」などの意見が出されたが、一方で批判や改善を求める意見も多く聞かれた。その中には、「食・料理はそれぞれの風土や歴史が生んだ文化のひとつであるはず。それらを比較して点数で競うのは意味がない」「大食い対決の企画は他局でも見れるが、食べ物を粗末にしているという印象があり好感が持てない」「ビートたけしと所ジョージという大物スターが出演しているが、それぞれが生かされておらずもったいない」「日本の文化には海外から影響を受けたものも多いはず。対決にこだわらず、もっと本質を探ってほしい」などがあった。

  これを受けて制作している朝日放送のプロデューサーから、「"日本、日本人の再発見"をコンセプトにして制作している。リニューアルして新しい形に挑戦しているが、まだ迷いも多い。今日いただいたご意見を参考にして、もっと興味をもって見てもらえるよう努力していきたい」と発言があった。





ホームへ戻る