東日本放送番組審議会議事概要

開催日 平成14年4月24日(水)
議題 メディア関連法案、「SmaSTATION」について

 東日本放送の番組審議会が4月24日開催され、メディア規制関連法案についての意見交換と毎週土曜夜11時から放送されている 「SmaSTATION」の合評を行った。

 メディア関連法案については、「メディアへの規制は行政から独立した中立的な立場の第三者機関が審査するべきである」「青少年有害社会環境対策基本法案については有害情報の定義の幅が広すぎるのではないか。もっと慎重に対応すべきではないか」といった意見があった。 一方で「現実に報道被害はある。ある程度の規制はやむを得ないのではないか」といった意見も出された。

  また「SmaSTATION」の合評では「全体的に軽い番組で若い人には受けるだろう」「スマアニメは面白い」「土曜の夜という時間帯の番組としては評価できる」などの意見と「一回見ただけではわからない番組」「番組のテンポに歪みがあり、何を見せたいのかはっきりしない」「夜食にならない軽いスナックのような番組」というような意見が出された。
 出席していたテレビ朝日のプロデューサーは、「若い人たちが土曜の夜にこの番組を見て、"明日は何かやってみよう"と思うような前向きな力が与えられればと思って番組を作っている。みなさんのご意見を参考にして、これからも努力していきたい」と発言があった。





ホームへ戻る