お問い合わせ

トップページ > 東北の聖地を訪ねて

main_img.jpg

5月13日(土曜日)放送 山形県 やさら行事 ~幸せを願い藁人形に災いを託す~  ※字幕放送対応

今回は日本海に面した山形県遊佐町の小さな集落で、およそ400年に渡って受け継がれてきた「やさら行事」を紹介します。
集落の皆さんが楽しみにする春の風物は、別名「厄流しのやさら」とも言われています。
災いを遠くに運ぶ願いをかけて作られるのは藁の人形です。昔は川に流していましたが、今は環境に配慮し最後に燃やしています。
人形は地区によって様々な形をしており、3メートルに及ぶものや30センチ程度のものまであります。
また行事の名前も、「八皿」と「弥皿」に分かれますが、込められた願いは同じです。

  • 1705_02.jpg
  • 1705_03.jpg
  • 1705_05.jpg
  • 1705_10.jpg
  • 1705_07.jpg
  • 1705_01.jpg
  • 1705_12.jpg
  • 1705_09.jpg
  • 1705_06.jpg

 

 



縄文以来の歴史をもつ東北。
旅するものを温かく迎えてくれる東北の聖地は、訪れる人が、新たな自分に出会える場所でもあります。

番組では日本古来の精神性と文化が脈々と受け継がれてきた東北の聖地を訪ねます。

神社仏閣、古代遺構・遺跡、有形・無形の民俗文化財、修験場、歴史的建造物、文化遺産などを、詩情豊かなナレーションでご紹介します。


東北の聖地


募集はこちらから