お問い合わせ

トップページ > 東北の聖地を訪ねて

main_img.jpg

12月16日(土曜日)放送 山形県  山五十川歌舞伎と山戸能~農村で受け継がれた2つの古典芸能~ ※字幕放送対応

山形県鶴岡市山五十川地区、五百人足らずの人々が暮らす長閑な集落に2つの古典芸能が受け継がれています。
山五十川歌舞伎と山戸能です。今回は歌舞伎にスポットを当てて紹介します。
山五十川歌舞伎の初演は、寛政4年(1792年)と言われています。
その当時に村で流行った疫病を払い、人々を救った湯殿山、鉄門海上人へのお礼として演じられたと伝えられています。
運営に携わるのは総勢50名ほど、先祖から代々受け継がれてきた歌舞伎は今も20番組を演じることが出来ます。
11月、集落にある河内神社の新嘗祭の日に山戸能と共に奉納されます。

 

  • 1712_01.jpg
  • 1712_03.jpg
  • 1712_04.jpg
  • 1712_08.jpg
  • 1712_09.jpg
  • 1712_07.jpg
  • 1712_02.jpg
  • 1712_10.jpg
  • 1712_06.jpg

 

 



縄文以来の歴史をもつ東北。
旅するものを温かく迎えてくれる東北の聖地は、訪れる人が、新たな自分に出会える場所でもあります。

番組では日本古来の精神性と文化が脈々と受け継がれてきた東北の聖地を訪ねます。

神社仏閣、古代遺構・遺跡、有形・無形の民俗文化財、修験場、歴史的建造物、文化遺産などを、詩情豊かなナレーションでご紹介します。


東北の聖地


募集はこちらから