めざせ!頂点

めざせ頂点メイン

番組概要

宮城の高校生たちが頑張る姿は地域を盛り上げ明日の宮城の復興に繋がります。
県内の高校の部活動を密着取材、厳しい練習に励み、“頂点”をめざす高校生の熱い青春を描く番組です。

次回の放送内容

2022年3月26日放送予定
「めざせ!頂点」CM動画

※画像をクリックすると、CM動画をご覧いただけます。

春高で輝いた、粘って繋ぐ「仙商バレー」

2年連続で春高バレー出場を決めた仙台商業男子バレーボール部。去年は準々決勝で東京代表・駿台学園に敗れた。チームの鍵を握るのは、その時の悔しさを知る絶対的エース山元君とセッター早坂君。粘り強い守備から攻撃に繋ぐ「仙商バレー」で悲願の日本一を狙った。運命のいたずらか、全国の舞台で再び駿台学園と対戦。粘って繋ぐ仙商らしいプレーで激闘を繰り広げた。

メッセージ

宮城県知事 村井 嘉浩

宮城県知事
村井 嘉浩

懸命に努力し、汗を流し、失敗を恐れずに挑戦していくことは必ず明日への成長に繋がります。目標達成に向けて、自分を信じて前進あるのみです。宮城の高校生、頑張れ!

宮城県教育委員会 教育長 伊東 昭代

宮城県教育委員会
教育長
伊東 昭代

高校時代の熱い気持ちと、一緒にがんばった仲間は、ずっと皆さんの宝物となることでしょう。より高いところに向かって技と心を磨き上げてください。めざせ!頂点

担当者のつぶやき

2020年8月8日放送

“あたりまえ”の尊さ 東北高校 ソフトテニス部 女子

“あたりまえ”の尊さ 東北高校 ソフトテニス部 女子 新型コロナの影響で全国大会という大きな目標を奪われた東北高校女子ソフトテニス部。3年生にとっては最後のシーズンとなるこの夏、およそ3か月に及ぶ部活動の休止期間を経て彼女たちが感じたのは、あたりまえにテニスができることの尊さ。限りある時間で練習に励み、団体戦最後の大会となる県総体代替大会に向かう彼女たちに迫った。

2020年8月1日放送

最高のパートナーと臨む最後の大会 聖和学園 女子ハンドボール部

最高のパートナーと臨む最後の大会 聖和学園 女子ハンドボール部 創設40年、インターハイ出場35回を誇る常勝軍団、聖和学園女子ハンドボール部。今年のインターハイ中止は全国での活躍を夢見てきた選手にとって悔しいものとなった。それでも中学時代から良きライバルとしてしのぎを削ってきたふたりの3年生コンビは、「どんな形であっても最後は優勝したい」と県総体の代替大会に向け静かに闘志を燃やす。

2020年7月25日放送

固い絆で繋ぐ 新たなバトンパス 常盤木学園高校 陸上競技部

固い絆で繋ぐ 新たなバトンパス 常盤木学園高校 陸上競技部 インターハイ常連校の常盤木学園陸上競技部リレーチーム。去年秋の新人東北大会では、2種目のリレーを制し2冠達成。さらに全国大会では400mリレーで常盤木史上初となる6位入賞を果たした。しかし新型コロナウイルスの影響でインターハイは中止に。全体練習の休止期間中も、選手たちは互いに連絡を取り合いながら自主練習を続けてきた。新たな頂点を目指し、固い絆でバトンを繋いでいく!

2020年7月18日放送

野球ができる喜び 仙台商業 硬式野球部

野球ができる喜び 仙台商業 硬式野球部 去年の秋季大会で県2位となり東北大会に出場した仙台商業硬式野球部。この夏、37年ぶりとなる悲願の甲子園出場を夢見て練習に励んでいたが、新型コロナウィルスの影響で大会は中止となった。しかし選手たちはすぐに前を向いた。大会があろうがなかろうが引退の瞬間まで高校球児を全うしようと決めたのだ。甲子園出場は夢と消えたが、代替の県大会は開催される。野球ができる喜びをかみしめながら、県の頂点を目指して練習を再開した。

2020年7月11日放送

今こそ花開け!三桜ナイン 仙台三桜高校 ソフトボール部

今こそ花開け!三桜ナイン 仙台三桜高校 ソフトボール部 去年の県新人大会でこれまで最高の成績を残した仙台三桜高校ソフトボール部。7人の3年生は今年の県総体こそチャンスととらえ優勝を目指し練習に励んでいた。ところが2月末、新型コロナウィルスの影響で突然の部活動停止。1か月後、やっと練習再開となったが今度は最も信頼を寄せる監督との突然の別れ。そして3年間の集大成だった県総体が中止に。宮城三女から仙台三桜に校名変更して10年、逆境をバネに今こそ花を咲かせる!

2020年7月4日放送

最後の夏 新たな目標に向かって 東北学院高校 空手道部

最後の夏 新たな目標に向かって 東北学院高校 空手道部 創部40年、県内トップを走り続けてきた東北学院高校空手道部。組手の2枚看板、キャプテン小林玄和君と武内潤君、そして形で東北2位の実力者小齋拳也君。彼らの最後の夏、インターハイは新型コロナウイルスの影響で中止となった。しかし新たな目標に向かい、前に進む部員たちの姿があった。

2020年3月28日放送

未来へ羽ばたく

未来へ羽ばたく 自分の目標を追い求め仲間と苦楽を共にして、高校3年間部活動に打ち込んできた選手たちも高校を卒業。全国の舞台で活躍した宮城を代表する高校生アスリートたちは次のステップで更なる高みを目指す。男女アベック優勝の快挙を成し遂げ仙台育英を卒業した男女駅伝選手らに部活動の思い出、そして新たな進路先での抱負を聞いた。

2020年3月21日放送

新たなパートナーと!双子姉妹の挑戦 聖ウルスラ学院英智高校 女子バドミントン部

新たなパートナーと!双子姉妹の挑戦 聖ウルスラ学院英智高校 女子バドミントン部 リオ五輪優勝の”高松ペア”を輩出した名門・聖ウルスラ学院英智高校女子バドミントン部。2年生の双子姉妹、宮下澪奈・彩奈さんは小学生からダブルスでペアを組んできた。しかし1月の東北選抜の準決勝で敗れ、監督は伸び悩む2人を離す事を決断。目指していた全国選抜大会は中止になったが、2人は新たなパートナーと更なる成長を模索し始めた。

2020年3月14日放送

継投で試合を決める 仙台育英学園高校 硬式野球部

継投で試合を決める 仙台育英学園高校 硬式野球部 仙台育英学園高校硬式野球部には去年夏の甲子園で8強入りしたメンバーが多く残っている。エースナンバーを背負うのは甲子園のマウンドに立った1年生ではなく、秋に急成長した2年生。そして、豊富な投手陣による継投策もこのチームの特徴。マウンドに立つためにチーム内の熾烈な争いは続く!

2020年3月7日放送

苦しいから本気に、本気だから楽しく! 常盤木学園高校 バレーボール部

苦しいから本気に、本気だから楽しく! 常盤木学園高校 バレーボール部 1月の県新人大会でベスト4に入った常盤木学園バレーボール部。レギュラーメンバーの多くを1年生が占める若いチームだ。しかし、チームの底上げを図るには上級生である2年生の力が必要。県総体で更なる上位進出目指し、”心・技・体”それぞれ厳しいトレーニングを積み、努力を重ねる!

2020年2月29日放送

ダブルエースで東北女王へ 聖和学園 女子卓球部

ダブルエースで東北女王へ 聖和学園 女子卓球部 去年11月の県新人大会団体戦で優勝を果たした聖和学園女子卓球部。チームの柱は2年生の相澤琴美さんと1年生の三村彩華さんが組むダブルスだ。相澤さんのケガを乗り越え、全国大会への切符をかけて戦う東北選抜大会で3年ぶりの優勝、そして悲願の全国選抜ベスト8進出を目指す!

2020年2月22日放送

「正射必中」を追究して 富谷高校 弓道部女子

「正射必中」を追究して 富谷高校 弓道部女子 昨年秋の県新人大会で創部以来初の優勝を果たした富谷高校弓道部女子。追い求めているのは、焦らずしっかりと狙いを定め的に向かう時間「会」を作る事、そして、自信をもって強く矢を放つ「離れ」だ。それぞれの課題に真摯に向き合う部員たち。冬場に鍛錬を積み重ね県総体制覇を目指す。

2020年2月15日放送

Jリーグ強豪クラブ 宮城県出身同級生GM対談

Jリーグ強豪クラブ 宮城県出身同級生GM対談 放送200回を記念し、宮城県工業高校サッカー部の同級生で現在は共にJリーグの強化担当GMを務める鹿島アントラーズの鈴木満氏、川崎フロンターレの庄子春男氏が強いチーム作りについて、そして高校時代の部活動の大切さなどについてスペシャル対談。日々練習に励む宮城の高校生達に伝えたいメッセージとは…。

2020年2月8日放送

打ちきる力、勝ちきる心 東北高校 バレーボール部

打ちきる力、勝ちきる心 東北高校 バレーボール部 去年夏のインターハイで準優勝に輝いた東北高校バレーボール部。インターハイ決勝では連戦の疲れから「あと一本、あと一勝。」に手が届かなった。名門復活へ。去年の悔しさをバネにチームの中心の3年生は日本一を目指し最後の春高バレーへ臨んだ。

2020年2月1日放送

スラロームの女王!最速を狙う! 仙台白百合学園高校 アルペンスキー

スラロームの女王!最速を狙う! 仙台白百合学園高校 アルペンスキー 仙台白百合学園高校3年生の髙橋璃子さん。高校にスキー部はないものの山形のスキーチームに所属し去年のインターハイのアルペン女子回転で9位に入った。今年は、受験勉強と両立させながら陸上部の練習に参加したり、自宅や近くのジムでトレーニングを積むなどしてきた。高校最後の冬。県総体で回転と大回転の2冠、そして2月上旬に行われるインターハイ優勝を狙う!

2020年1月25日放送

チャレンジャー 利府高校 男子バスケットボール部

チャレンジャー 利府高校 男子バスケットボール部 利府高校男子バスケットボール部は高校バスケの全国大会ウインターカップに初めて出場。県立高校としては14年ぶりの出場で、ハードワークが身上のチームは全国大会初勝利を目指して努力を重ねた。初戦の相手は香川の強豪・尽誠学園。部員たちは初戦突破に全てをかけた。

2020年1月18日放送

越えろ!スピードの壁! 東北高校 スピードスケート部

越えろ!スピードの壁! 東北高校 スピードスケート部 幼い頃から練習を共にしてきた東北高校スピードスケート部1年先の3人、中学で東北を制した小山晃生君と金井愛未さん、そして佐々木寛太君。スピードスケートの競技はショートトラックと400mのコースで行うアウトトラックの2種類があり、競技によって靴の仕様も違えば滑り方も違ってくる。切磋琢磨して記録更新目指して県高総体に挑んだ。

2020年1月11日放送

「克己」己に打ち勝て! 明成高校 剣道部 男子

「克己」己に打ち勝て! 明成高校 剣道部 男子 去年の県総体と秋の新人大会で3位に入賞した明成高校剣道部男子。 県内公式戦で3位の壁を打ち破れておらず、この壁を越えるのに必要なのが自己の意識改革だ。 気持ちの弱さが勝負所で出てしまう悪いくせを克服すべく主将の太田孝行くんはひたすら竹刀を振り続ける。 勝負する相手は自分自身だ!

2020年1月4日放送

魅せろ!書の道 魂のパフォーマンス 仙台育英学園高校 書道部

魅せろ!書の道 魂のパフォーマンス 仙台育英学園高校 書道部 "行書、楷書、隷書、かな等、様々な書に取り組んでいる仙台育英・書道部の部員たち。毎年多くの書道展に出品し様々な賞を受賞している。普段は、個で書道に取り組んでいる1

2019年12月28日放送

インテンシティ高く 仙台育英学園高校 男子サッカー部

インテンシティ高く 仙台育英学園高校 男子サッカー部 全国高校サッカー選手権に3年連続34回目の出場を決めた仙台育英・男子サッカー部。入学当初から弱い学年と言われていたが、新人大会と県総体で敗れた聖和学園を破っての優勝だった。目指すのはハイプレスでインテンシティの高いサッカー。3年生は弱いチームという汚名返上を期して最後の全国サッカー選手権に挑む!

情報提供はこちらから!

応援企業/トヨタカローラ宮城、七十七銀行、積水ハウス、 東京インテリア、朴沢学園、みやぎ生協
※敬称略

後援/宮城県・宮城県教育委員会

企画/ 企画